ジャンク品、ニコン Nikon Ai Nikkor 35mm F2 F2.0 が到着。メタルフード HS-9付きだが、そのフードは50mmレンズ用だ。自分はそこまで気づいていなかった。まだ青い。

160428-20

160428-21

NewとAi両タイプは外観が混同しやすい。NewにAi改造されるものがあるから。しかし、本レンズは間違いなくAiタイプ。

実用品、並品の外観。拭き傷・カビがないものの、白内障を患っていて、中玉の濁りは誰が見ても、ひと目で確認できるほどだ。また、距離環(ピントリング)のスカスカも問題。

<ガラスのクリーニング>
 スカスカは恐らく治せるので、ガラスのほうが気になる。まず、マウント面のビス5本を外し、マウントを下ろす。

160429-10

つぎに、絞りリングを外す。

160429-11

専用ツールでレンズガラスの後群を外す。力が入るが、傷つけることはないだろう。

160429-12

160429-13

前群の汚れは凄かった。

160429-14

クリーニングしたら、綺麗になった。

160429-15

しかし、後群のガラスにバルサム切れがあり、自分が治せなくて、お手上げ。結局、ジャンクはジャンクのままだ。バルサムとは、複数のガラスを貼り合わせるために使った接着剤のようなもの。お湯か化学的方法で分解し、再接着すれば直るとのことのようだが、自分には無理。

バルサム切れの一言があれば、買うことはしないが。売り手がうまく白い汚れで逃げ道を用意していたのかも。

<グリス交換>
 距離環のスカスカ状態を解消するには、グリスの交換が必要。ジャンクレンズなので、勉強のために、チャレンジしてみた。

まず、距離環部分のゴムリングを外す。ゴムは経年劣化で必ずダメになるので、全金属のオールドレンズが好きだ。

160429-16

つぎに、レンズを最短距離にし、専用ツールで距離環前半の部分(ゴムリングの下に隠れた部分)を外す。

160429-17

赤丸のところのネジを外し、ガラスのフィルタ枠を回し、レンズガラス全体を取り出す。

160429-18

160429-19

赤い丸のネジ3本を外し、距離環の後半部分を外す。

160429-20

160429-21

距離環のストッパーを外す。

160429-22

160429-23

これ以上、外せるところが見当たらないので、後のマウント部からアプローチ。マウント部、絞りリングを外す。

160429-24

160429-25

絞りリングのストッパー、絞り連結棒を外す。

160429-26

160429-27

レンズ固定環(名称不明、自称)のネジ3本を外し、最後のパンツを下ろす。

160429-28

160429-29

さらに、ヘリコイドのストッパーを固定するネジ2本を外し、ストッパーを取り出す。

160429-30

160429-31

ヘリコイドがやっと分離できた。布で古いグリスを拭き取る。

160429-32

160429-33

これで、レンズガラス以外に、すべて分解したことになる。

160429-34

新しいグリスを塗り、全パーツを元に戻せば終了。

160429-35

しかし、どう頑張ったって、ジャンクであることに変わりはない。バルサム切れがそのままだから。

まあ、バルサム切れと言っても、きれいに撮影できないわけではない。下の一枚は組み立てた後に、無限遠確認のため、撮影したもの。

160429-40