久しぶりにクラシックカメラを手にした。若者はお金がなく、年配者は遊ぶ体力がない。そのせいか、近所のハードオフには売れないものがどんどん増えている。昨日たまに寄ったら、3割引セールをやっていて、このカメラを約1500円で入手した。

140928-10

フィルムカメラは20代から親しんできたが、クラシックカメラにハマったのは90年代。最初の一台もこのNikomat FTn という名のカメラだった。その後日本ではインターネットの普及に伴い、ヤフオクが始まった。個人でもそこで販売できることから、いろんなひとがアメリカから中古やジャンク品を安く仕入れて、ヤフオクで転売し始めた。お店も参入し、雑誌等の煽りもあって、一大クラシックカメラブームが巻き上がった。それまで数十万円もするカメラが数万円で買えるのだから、若い頃に欲しがっていたライカやコンタックス等の銘機を手にして夢を叶いたい心理が多くの人を掻き立てたのだろう。一方、アメリカは60、70年代が裕福だったうえ、乾燥な気候が光学機器の保蔵にも都合がよく、世界各国生産のカメラがいい状態で多く残っていた。といった多くの要因が重なり、2000年代初頭にクラシックカメラブームが頂点を極めた。

その後、デジカメの普及によって、フィルムカメラが人気を失ってしまった。いまとなって、多くのクラシックカメラがまた90年代初頭と同様、格安で中古店で並べられるようになった。

しかし、クラシックカメラは多くが機械式で、メンテナンスすれば、いつ経っても動くわけだ。昭和の古き良き時代を楽しむ意味で、代表的なカメラを手に入れて鑑賞対象にしても悪くないと思う。工芸品という概念はまだ普及していないが、今日の生産コストでは、中国でさえ、数千円で作ることは無謀だろう。

さて、この Nikomat FTn は1967年~1975年に販売されていたもの。プロカメラマン用のFシリーズと違い、庶民向けに真面目につくられた中級機だ。露出計内蔵機械式一眼レフカメラ。シャッターは縦走りのメタルフォーカルプレーンシャッター、シャッタースピードは B, 1~1000。MXシンクロ付。絞込みプレビュー機構あり、ミラーアップ可能、セルフタイマ付。

その後のふつうの一眼レフと大きく異なるのは、レンズの取り付け方。取り付ける前に、レンズの絞りをまずF5.6にセットしておく。ボディにレンズを取り付けたら、レンズの絞りリングを左いっぱい、さらに反対方向の右いっぱいに回し、レンズの開放F値をボディに伝える必要がある。また、シャッタースピードもフィルム感度の設定もレンズマウントの付け根にあるので、慣れないと操作に戸惑う。

本機の状態だが、外観は軍艦部のファインダー部にアタリ、ファイダー内のプリズムに腐食が見られる。底カバーに購入者と思われるひとの名前が入ったラベルが貼ってある。ふつうのプリンタでは作成できないことから、PC普及以前の70年代のものだと思われる。

140928-11

140928-12

140928-13

また、電池室には、LR44ボタン電池だけでなく、サイズ変換アダプターもついている。水銀電池がなくなり、アダプターの販売が始まったのは2000年代なので、その頃にこのカメラがまだ使われていたと推測する。クラシックカメラブームに乗せられて、休眠後の再活躍だったかもしれない。

140928-14

確認したところ、精度は別にして、露出計はいまでも動いている。シャッタースピードも概ね正常。フィルムを入れれば、撮影できる可能性が大。

といいつつも、撮影する程の愛着はまだない。取り敢えず、昔の歳月を回想しながら、軍艦部を開けることにした。

分解するに当たって、最も大事なことは壊さないこと、傷つけないことだろう。騙しネジや逆ネジもあるので、ネジを少し緩めて一々確かめることが大事。多くの分解情報がネットにすでにあり、根気強く情報をネットから仕入れることも重要。

Read More →

今頃になって、カメラ本体はゴミ価格でしかないが、未使用品のF4とFM2/T、ニコンサービスセンターにOHしてもらった Nikon F3 の3台が手元にある。これらに使えるレンズを整理してみた。

MFレンズ 28mmF2.8, 50mmF1.4, 50mmF1.8, 105mmF2.5。
AFレンズ 20mmF2.8, 35mmF2, 85mmF1.8, 180mmF2.8。

単焦点は8本残っている。残念ならず、手持ちのズームレンズはいずれもGタイプ。

新品なら以下の3本はまだ購入可能だが、中古の他を物色したほうが良さげ。35mmからのズームだと安くて画質も文句ないはず。

Ai AF-S Zoom-Nikkor 17-35mm f/2.8D IF-ED
Ai AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF
Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED

131111-1.jpg

ニコンF100は美品の外観だが、視度調整ノブと接眼レンズとの連結が外れており、視度調整ができない。AF撮影なら大きな支障はないが、やはり気になるので、軍艦部を開けてみることにした。

F100は数多く発売された割に、分解写真が少なく、下の一枚が頼り。修理マニュアルも手元になく、成功するかどうかは見通しが全く立たない。

131107-0.jpgちゃんとしたものでないとネジを傷つけるので、プラスドライバとして、いつも使っているVESSEL 9900 P.00-75(ホームセンターから入手、290円)を使用。また、取り外したネジを収納するケースもあったほうがいいだろう。

131107.jpg軍艦部の固定ネジは外部から見えるものが5本。接眼レンズ(アイピース)両側に2本、右肩(ISOボタン側)に1本、正面ファインダー下に2本。

残りのネジは貼り革の下に隠れている。右側(ISOボタンの前)に1本。

131107-1.jpg左側に2本。下の写真のところに、下に向いているネジ1本。

131107-2.jpg131107-3.jpgそれらのネジを取り外したところで、軍艦部カバーを若干持ち上げることができた。

131107-5.jpgしかし、まだ成功していない。視度調整ノブを外さないといけないから。

131107-6.jpg時計方向、反時計方向を回転させても外れない。あまり力をいれると壊れるし。ノブの表面を10倍ルーペで観察してみたが、シールが貼り付けられたようにも見えなかった。ということで、途中でストップしてしまった。

その後ネットを根気よく調べたら、つぎの写真を見つけた。ノブはキャップが付いている構造のようだ。10倍ルーペでも分からなかったところ。

F100r019.jpgさて、細心の注意を払い、カッターでキャップを開けた。裏では接着剤で固定されていた。

131108.jpg軍艦部カバーを持ち上げたところ。完全に降ろすにはさらに、裏の基板を取り外さないといけないが、アイピースの修復にはこれぐらいのスペースがあれば十分。2度と見れない内部なので、下の写真はクリックすると拡大される。

131108-1.jpg案の定、レンズと視度調整軸との連動レバーが壊れている。レバーは金属ではなく、細いプラチック製、20万円の製品にしてはショボイ設計。取り替えるパーツがないので、自分では治すことは不可能と判断。

131108-2.jpgレンズを奥の枠に押し込み、ボンドで接着することにした。近視なので、-3mになるのが好都合。どうしても視度調整をしたければ、外部補助レンズをつければ済むことだ。

131108-4.jpg乾かせてもとに戻し、終わり。

131109.jpg

131106-5.jpg

前回は電気系統の不良で返品。今度はバッテリーホルダーあり、腐食なし、外観については神経質の自分でも美品と認めるぐらい綺麗な個体が届いた。フィルムガイドレールを見ていると、ほとんど使用せず死蔵してきたと判断した。

ただ、多くのひとと同様、動作未確認品やジャンクにしか入札しないので、やはり問題箇所はある。①裏フタの貼り革がベタつく(その時代のニコンカメラの持病らしい。手持ちのF80は防湿室のお陰で、ベタつき現象は発生していない)、②ファインダーの接眼レンズが前後動く。原因は視度調整機構が壊れたことにあろう。いつか、軍艦を開け、中の視度調整機構や調整レンズを接着剤で固定して、外付け視度調整レンズで視度調整すれば直ると思うが、当面AFで撮影すれば、大きな支障にならない。なお、問題②は商品説明に書いてあって、5千円で落札できたわけだ。

昨日発表の Nikon Df はこのF100よりもアナログ操作系を重視。F100は評価の高い機種だが、自分から見ると操作性は特筆するほどいいとは思わない。ISOもモードも露出補正もボタン+ダイアルという操作。さらに最悪なのは、取説を見ないとカスタム設定ができないことだ。

F80に比べて、F100はレンズマウントにAi連動リングがあり、MFレンズを絞り優先やマニュアルモードで測光してくれる。過去のAiレンズを活用するひとには有難い機種だろう。

F100の良さを確認すべく、フィルムを入れて、どこか撮影に出かけたい。

131106-7.jpg131106-8.jpg131106-9.jpg

未使用品のカメラは手元に3台ほどある。内の1台はこの京セラ製 Contax G2 Black。調べたら 1997年製ということで、あれこれ15年経ったことになる。無論動くかどうかは不明。電池入れて試すことはしない。経済的余裕がなくなれば、換金するかもしれないが、処女のまま墓まで連れて行くのだろう。

チタンカラーのGontax G1を一時期使っていたが、AF精度が悪く、ピントはずれが多かった。実用的ではないことがわかった。カメラボディを評価するひとはいまになってほとんどいない。

しかし、レンズは流石にツァイス製、どれも画質が素晴らしい。しかも、レンジファインダーカメラ用レンズならではの対照設計で、いまでも最高級との絶賛。ボディはゴミでも、レンズは安く買えない。

デジカメ用AF変換アダプタが発売されている。一時期所有していた21mm, 28mm, 35mmをいつか買戻し、デジカメにつけて使いたい。

131104.jpg131104-1.jpg131104-2.jpg

Nikon F80を持ちだして、残りを撮影した。そして、最寄りのヨドバシカメラに行って、1時間半の待ち+現像・プリント料 1,200円でプリントを受け取った。

旅行の写真が出てきたので、6年ぶりの撮影だ。F80は最初の2カットではシャッターが粘っていたが、その後は大丈夫のようだ。いつか、SCで点検してもらおう。

いままで撮影したネガはすべて厳重保管している。財産という意味では、デジカメ以上に、ネガが記録に適していると思う。そう考えれば、フィルム代+現像・プリント代、それほどの経済負担にならないと思った。また、緊張感と気合をもって撮影するので、結果的に良い写真になるのはフィルムカメラのほうかも。

131103-7.jpg

131103-3.jpg最も有名なクラシックカメラのひとつだが、本サイトにまだ登場していなかった。ツァイス社は当時ドイツ最大の光学機器メーカーで、あらゆるカメラをつくっていた。しかし、35mmレンジファインダーに関しては、ライツ社に遅れを取ってしまった。そこで、ライカを分解して研究しつつ、対抗馬としてContax I, II, III を1930年代開発していった。

ライカが丸みフォームに対して、コンタックスは直角で対抗。ライカがスクリューマウントレンズに対して、こちらはバヨネット式。ライカは時計方向でレンズをねじ込んで装着するのに対して、こちらは反時計方向で装着(コンタックスを真似したニコンにもしっかりと継承され、慣れないとニコン製レンズの装着に戸惑ってしまう理由はこんなところにある)。フォーカルプレーンシャッターの走り方はライカが横方向に対して、こちらは縦方向(その結果、とんでもない複雑な機構になってしまい、シャッターリボンがよく切れる原因でもある)。また、距離計の精度を上げるため、小窓2つの間をめいいっぱい広げた結果、カメラのホールド性はとても悪くなってしまう。

レンズはさすがのツァイス、Sonnar 50mm F1.5 を搭載させた。21世紀のいまになっても標準レンズがF1.4にしか改善されていないことを考えると、当時ではいかに衝撃的な速いレンズの登場か。レンズのために、コンタックスを使ったひとは数多くいたのだろう。

1軒屋建つとの高値だったとも言われるぐらい、ライカと同様、コンタックスを所有するのは富の象徴でもあった。

本日、文化の日。入場券無料という機会を利用して、美術館に行って、川端康成氏のコレクションを見てきた。彼はContax IIIaを愛用していたとか。

131103-1.jpg131103-2.jpg

〈追加〉
 探したら、ファインダープリズムブロックが出てきた。昔分解したContaxから取り出したものだろう。接着面が経年劣化すると、像がよくみえなくなる。Contax パーツの中で、最も故障しやすいもののひとつ。よく切れるシャッターリボンは探せば代替品がいまでもつくられている(医療現場の手術用リボンが最もいいとか)が、このプリズムだけは献体から取り出すしかない。修理業者が最も欲しがっている部品。

131106.jpg131106-1.jpg

131102-15.jpg

多くのレアカメラを見てきた。しかし手元に残っているものはほとんどない。この1台はどういうわけか、ずっと手元にあった。いつか直して売ろうとしていたのかもしれない。

フランス Foca Standard, One Star, 1945か1946年製、シリアル 16.403。
35mmレンジファインダー、距離計なく、目測式。ファインダーにフレームなし。
レンズは固定式 Foca 3.5cm F3.5、コーティングあり、最短撮影距離 0.5m。レンズ胴体に1~1.5mはPORTRAIT、2~4mはGROUPE、6~無限大はPAYSAGEとの彫込みがあり。
カメラプレートは ★FOCA。ただのプリントであり、彫込みではない。
シャッタースピードはB, 20, 30, 50, 100, 200, 500, フラッシュなし。ダイアルの外側を持ち上げて回転させ、内側の黒点に合わせる形で、フィルム巻き上げ前でも、スピードセットが可能。
取り外し式裏フタ。専用の脱着式フィルムスプール。フィルム圧着板は持ち上げ可。

シャッターは残念ながら、本個体では壊れている。シャッターリボンが断線したのだろう。

さて、本機種のように、距離計なしのフォーカルプレーンカメラはレンズシャッターに対し、優位性はどこにあろう。35mm広角レンズ搭載が唯一の優位性か。確かに、広角レンズ搭載のレンズシャッター機が当時ではほとんど見かけない。そこを狙って、敗戦国ドイツの精密工(光)学技術を取り上げて設計・製造したのかもしれない。その後の距離計の搭載、交換レンズへの展開等、Focaカメラの原点として試作した面も考えられる。

ライカに比べて、オモチャレベルの本機種は想像するには売れるはずがなく、すぐに次期種に切り替えられたのだろう。Focaカメラの中では最もレアの機種といわれている。フィルムカメラ全般がゴミ化していくなか、オブジェとして40年代の戦勝国フランスの精密工業技術を検証する点ではそれなりの価値はあろう。

131102-10.jpg131102-11.jpg131102-12.jpg131102-13.jpg131102-14.jpg131102-16.jpg131102-17.jpg131102-18.jpg131102-19.jpg131102-20.jpg131102-22.jpg

二日目再テストしても、バッテリーマークの点滅は治らない。そこで、相手に事情説明し、なにか心当たりはございませんか、と聞いた。返事はその日(昨日の夜)にあったが、「動作未確認品」という商品説明を理由に、ご理解くださいとの内容だった。

バッテリー室の腐食跡から推測すると、どこかからジャンクとして仕入れ、不動品であることがわかったら、バッテリーホルダーを外し、動作未確認品として出品。入札者に動作品として期待させ、高値で落札させる思惑が見え隠れている。商品説明に腐食のことがなにひとつ書かれていないところも推測の根拠だ。

ひとと争うことはそれほど得意ではないが、返金されるまでは粘る強く交渉していこう。

自分の狙いは、動作品をゲットすることにあったので、良品と交換できれば上的。無理なら、返品してもらえば終わりにしたい。

<追加>
 今朝6時に苦情のメールを出したところ、7時に返事があって、着払いで返送すれば、返金するとの内容だった。土曜なのに、7時に起きているということは、自分と同年齢かお年寄りの方かもしれない。返品してもらえるならば、それ以上の文句をいうつもりはないが、もう少し成長してほしい。

偽りの説明は信用を落とし、結果的には儲けることができない。カメラ関係を数千点売買した経験から得た教訓なので、間違いない。

131102-4.jpg

<再追加>
 3連休明け直後に銀行口座を確認したら、全額が返金されていた。一見落着。しかし、カメラはそのまままた出品されている。説明文は前のまま。落札したひとはどうするのだろう。出品者のモラルが落ちているのかな。フィルムカメラというカテゴリ全般の評判はあまりよくないみたい。フィルムカメラはほとんどがゴミ扱い、利益が上がらないのが最大の原因だろうけど。

防湿庫に「バカチョン」(死語、差別用語?)といわれるカメラ Konica BIG mini BM-301 が眠っている。これもとっくに昔に処分したはずなのに。

本個体は角にちょっとした傷がある以外に、美品といっていいだろう。フィルムも中に入っていて、透明小窓から富士フィルムカラーが見える。操作モード等の切り替えは裏フタのボタンでやるようだが、多くのことはできない。当時は評判の高かったコンパクトカメラのひとつ。35mm F3.5 単焦点レンズの搭載が功を奏したかな。しかし、いまになっては、完全な設計ミスといわれ、フィルムよりも安い価格でゴロゴロしている。

再び活躍する日は来るのだろうか。

131101-1.jpg131101-2.jpg

131101-3.jpg