ループ型受信用アンテナからは3分岐して、AOR AR7030、JRC NRD-525、Perseusに繋いでいる。ちゃんとした分配器はやはりあったほうが良さそうなので、作ることにした。

現状では3分配器で足りるが、このうちCollins 75S-3をも使うので、4分配器にした。

手元にある部品を集めたら、BNCコネクタが1つ足りないことが判明。セラコンも違う外観のものしかない。まあ、精密さと無縁のRF世界なので、適当でも問題になることはないはず。

131207.jpg131207-1.jpg回路図については3D無線クラブのものを使わせて頂く。

131207-2.png

生基板にランドを貼り付ける方法が紹介されているが、多少工作らしくしたいので、エッチングして基板をつくった。簡単なパターンに、手書きで十分だから。

131213.jpg131213-1.jpg131213-2.jpg131213-3.jpg

つぎは最も大変な穴あけ作業。BNCコネクタは追加注文で、絶対に回転しない四角台座付きタイプにした。それでも、5つのうちの片側2つはスペースが足りないので、手持ちの絶縁タイプにした。

131114-4.jpg最後に、長さ20cmのエナメル線2本で8巻してコイル5つをつくって、回路図通り半田付けして終わり。トロイダルコア FT-50-77は千石電商から購入したもの(値段が安く、本物の確信はないが)、コアの固定に接着剤をつかった。

131214-6.jpg131214-7.jpg131214-8.jpg131214-9.jpg

ついでに測定。スペアナの周波数を0.5~30MHzにし、TG出力をスペアナに直結した場合はレベルが -8.50dBmに対して、分配器を通したところ(他の3出力は開放)では、レベルが -14.77dBmになった。約 6.27dBmの減衰(分配損失)であり、設計通りの性能がこれで確認できた。周波数特性についてもとくに異常は認められなかった。

131214-8.png131214-a.jpg131214-9.png分配器の製作は以上で終了。6dB(1/4)の減衰は仕方がないにしても、ループアンテナの直下にアンプを入れてSN比を図りたいことはいつかやってみたい。

<1日目>
昨日は結局調整できなかった。進展といえば、同軸ケーブルをもう一本、エアコンパイプ用壁穴に通し、計2本の運用体制ができた。

2年前の経験を生かし、それほど苦労せず、壁通し作業ができた。まだ穴の中は大分余裕があり、このうち、屋外用電源ケーブル、GSPか報時電波JJY受信用ケーブルを追加するかもしれない。

2本の同軸ケーブルはそれぞれ、FTDX3000送受信用、Perseus受信用に使う予定。バンドの状況をみるには、Perseusのほうが頼りになる。他の手持ち受信機はJRC NRD-525以外、出番がなさそう。とくに、Icom IC-R75はFTDX3000に比べて、大きな差を感じてしまう。

まだ開局免許は下りていないので、アンテナ・アナライザの代わりに、スペアナ手作りリターンロスブリッジでアンテナを測定してみた。

131012.bmp共振点は6.9, 14.4, 21.5, 23.7, 29.1MHzの5点。スペックによれば、51MHz辺りにも共振点があるが、使う予定がないので、無視。

Read More →

131010-1.jpg

本日やっと晴れてきた。HFV5の左側エレメントも上に向くようにV型にした。バンザイ。自作のループアンテナは数千円のコストしかかからなかったが、10倍以上も高価なHFV5は果たしてコスパ的だろうか。

HFSpanによると、受信状態はつぎのとおり。向きを変えれば、改善できるかもしれないので、週末の連休を利用して本格的に調整したい。

131010-2.png

注文の翌日に届いた。お店さんは仕事が早すぎ、FB。

131007-3.jpg131007-4.jpgバランのコネクタを確認して、M型(オス)を秋月電子に注文。ケーブルは途中、SWR計を経由するので、少なくとも4個が必要。ほかに、ヘッドホンの6.3mmステレオプラグも一緒に注文した。3.5→6.3mm用変換プラグはいまいち信頼できないから。

アンテナの本格的取り付け・調整は週末になるだろうけど、明朝に暫定的にやっちゃうかもしれない。台風が来るとの予報が気になる。

Read More →

マンションに住んでいるので、アンテナはいつも悩みの種。制約条件が多いから。

長いのはダメ。全長せいぜい6m以内。なるべくベランダから外に出さないとなると、短ければ短いほどいい。しかし、これはHFアンテナでなくなる。

安全性。裸のエレメントに触ったら感電するかもしれない。ベランダは高さが高々3m。上のコンクリートから少しでも離すためには、水平設置なら2m当たりの高さになる。

欲を言えば、当然フルサイズで行きたいが、現実と妥協しないといけない。ということで、取り敢えず短縮V型ダイポールHFを考えた。

候補は第一電波工業さんのHFV5、コメットさんのCHV-5。

<HFV5>
●定価:36,540円(本体価格34,800円+税)
●全長:4m
●重量:1.95kg
●周波数:7/14/21/28/50MHz 5バンド
●耐入力:150W SSB(7/14MHz)/220W SSB(21/28/50MHz)
●VSWR:1.5以下
●インピーダンス:50Ω
●適合マスト径:φ25〜φ62
●接栓:M-J
●空中線形式:短縮ダイポール型(L型取付も可能)

<CHV-5>
●定価:37,590円
●全長:約4.0m(水平時)
●重量:2.7kg
●周波数:7/18/21/28/50MHz 5バンド
●耐入力:7/18MHz 150W(SSB)、21/28/50MHz 220W(SSB)
●VSWR:1.5以下
●インピーダンス:50Ω 
●適合マスト径:Φ25~62mm
●M-J型コネクター
●水平型、V型、GP型が設置可能

重さは若干第一のほうが軽いのと、14MHzバンド対応というこで、HFV5にしたい。

大した期待はできないが、それで運用していきたい。無線局免許が届くまで、設置と調整をやっておく。

131006-7.gif

夜中に計画した通り、近所のホームセンターから電線を買ってきた。切り売りコーナーが消え、まとめ買いしかできなくなったのが寂しいけど。

130720-1.jpg

それと帰り道ですごい光景を目撃。交差点を右折しようとしたとき、救急車がサイレンを鳴らしながら進入して来たので、止まって待った。ところが、対向車がお構いなし、突っ込んでくる。譲る気配は一向なし。1台だけなら、個別の事情(耳が遠いとか、気づかなかったとか)と理解できるけど、こちらがパッシングして注意させても、4、5台続けて通行した。ここ宇都宮の運転マナーの悪さはよく知っているが、ここまで酷いとは。。。

しかし、肝心のアンテナ改良はやってみたが、ダメだった。二股電線を4ループすれば、約10dB上がると期待していたが、却って受信レベルが悪化した。本の知識は応用とするとまだまだ多くの例外条件を考えないといけないみたい。

完成途中の写真は恥ずかしくて載せられない。アルミ板でもうひとループ、来週にリベンジしよう。

完成したばかりのリターンロスブリッジを用いて、自作したループアンテナを測定した。

30MHzまでの特性。

130630-13.jpg130630-3.png

開放またはショート時のレベルは約-12.5dBmなので、4MHzでは約19dBm、8MHzでは約20.5dBm、19MHzでは約21dBm、全体を通してVSWRが約1.2という値になる。鋭い最良点はないものの、HFアンテナとしては全然だめでもなさそう。

つぎに100MHzまでに周波数範囲を拡大して観察。

130630-14.jpg130630-4.png68MHzおよび75MHzに最良点が来ている。ループアンテナの円周長が4mなので、300/4=75MHzになり、2番目の共振点にぴったし、つまり、1波長ループアンテナとなったわけだ。。でも最良点を30MHzまでにあげたい。改良を考えないといけない。

いや、スペアナがあると色々と楽しめるなぁ。TG付きで売値15万、ホビーユースに決して悪い商品ではない。お薦め。

いままでの給電方式がノイズをもたらしたので、独立した電源ラインを引こうとしたが、LANケーブルの物色で進捗停止。

エレメントを直接バラン経由で同軸ケーブルに繋いでみたら、案外使えることに気づいた。その時、2種類のバランを実際に作ってみた。まずは強制バラン(別名、広帯域バラン)、3本の線をトロイダルコアに巻くもの。うまくいくはずそのバランは、しかし、使い物にならなかった。ループアンテナが平衡型と言っても、ループエレメントが1本のアルミ板で繋いでいるので、ダイポールアンテナと違うのかもしれない。

2番目につくったのはフロートバラン(別名、ソータ・バラン)。適当に10巻きにして現状になっている。しかし、本当にこれでいいか、凄く懐疑的だ。

給電点にコンデンサを使う例が見られる。同調型アンテナにしたくないが、改善方向として実験してみたい。

130527-3.jpgなお、C1=C2=C3=60pF。

さて、朝起きて、早速手持ちのパーツで半田付けして実験。C1=C2=C3=100p。見事に失敗。改善するどころか、改悪になってしまった。C1、C3の容量をもっと大きくして再トライしたいが、続きは夜。

130528.jpg

LANケーブルを店頭で物色してみたら、屋外用というのを見かけた。カテゴリ5なのに、1m単価が約400円。カテゴリ6e対応の単価200円に比べて割り高だし、HF転用に問題ないか、一旦家に戻って調べることにした。

ところで、いろいろ実験している内に、プリアンプを外してもそれほど性能が落ちないことに気づいた。303WA-2とそこそこ勝負できる。そこで、バランを作り、最も良さそうな方向に向かせた。西北方角だからか、韓国語による交信が40mバンドでよく聴こえるようになった。

130527.jpg以下は日本時間20:00頃のHFspan画面。フロアノイズは低いレベルだが、ゲインはもう少し(後10dB)欲しいところ。将来プリアンプをつけたとしても、パッシブタイプの良さも残しておきたい。

130526-2.png

生憎の曇空になってしまったが、予定通り、朝からプリアンプの改造に取り掛かった。アンテナのすぐ近くに受信機を持って行き、Sメータを見ながら作業前後の状況を確認。Icom IC-75のSメータは液晶。信用度の高い Kenwood R-1000 を活用。

130525.jpg

Read More →