RMSメータとは、AC電圧の真の実効値を表示する計測器のこと。AC(交流)電圧は時々刻々と値が変わるので、その電圧の大きさを表す方法は様々。振幅(ピーク値)で表す方法もあれば、半周期の平均値(全周期だと平均がゼロになることが多いので無意味)で表す方法もある。その中で、もっとも一般的に使われるのは実効値。日本の家庭で使う単相配電の100Vというのも実効値のこと。最大値は141Vにもなるので、100Vを大きく超えている。

AC電圧のRMS値はよく使われるが、それを測るうまい方法はなかなかなかった。本機は史上初、真のRMSを計測できたものだったかもしれない。1964年から発売され、1984年後継機の3400Bにバトンタッチされるまで、計測業界では不動の座を占めていた。

さらにすごいのは周波数帯域の広さ(10MHzまで)、感度の高さ(最小レンジ1mV)、他メーカー製ACボルトメータを大きく超えていた。HPが凄かったのはつねに最強の計測器を出し続けていたことだ。

本機はまた横河電機との協力関係にあった時期の製品。60年代当時、日本の製品がアメリカ市場を席巻し、HPやテクトロニクスといったトップ企業も日本メーカーと合弁企業を作らなければやっていけなくなった。ロゴの「YHP」のYは横河電機を表す。

Read More →

数十MHz以下の発振器は5,6台もっているのに、HPブランドものをみたらやはり欲しくなる。技術力が当時ピカイチだけでなく、作りの美しさ、パーツへの拘り等、どれを取っても世界一と認識しているから。

回路図やサービスマニュアルがネット上に惜しみなく公開していることも米国メーカーの素晴らしいところ。日本メーカー製は公開している機種が大変少なく、修理に困ってしまう。

120326.jpg 120326-2.jpg

HP 3310Aは5MHzまでのファンクション・ジェネレータ。正弦波以外に、方形波、三角形を出力している。波形が実際に確認できないことや、出力レベルが分からないところが欠点。

下は内部の写真。IC以前の製品なので、キャンタイプのトランジスタやオペアンプもいくつか見られる。パーツの配置が大変美しく、HPの情熱や丁寧さがよく分かる。故人Steve Jobが惚れた理由のひとつだろう。

120326-3.jpg 120326-4.jpg 120326-5.jpg 120326-6.jpg 120326-7.jpg 120326-8.jpg 120326-9.jpg

最高周波数近辺、最大出力レベルにセットした際の出力波形をオシロで確認してみた。

120326-10.jpg scope_9.png scope_10.png scope_11.png

注文しておいたオシロがやっと届いた。ロジアナや、20MHzファンクション・ジェネレータが内蔵しているので、いろいろに使えそう。

Agilentに沢山貢いだので、今度はFlukeにしよう。8846A。

120130-a.jpg

ライセンスをもらい、内蔵発振器(ファンクション・ジェネレータ)を活性化させた。サイン波は上限が20MHzだが、方形波については上限10MHz、三角形は上限200kHz。下の画像(クリックすると拡大される)からも分かるように、方形波については所詮おまけ、大したことはない。

120201-2.jpg

Agilent U1733Cが到着した。本体以外に、Quick Start Guide、バッテリー、クリップリード、および校正証明書がついている。

120130-3.jpg

電池室の蓋を開け、バッテリーを入れた。

120130-4.jpg

早速ダメだと思われるオイルコン0.01uFを測ってみた。

周波数 1kHzでは、容量 0.016uF, ESR 約470Ω。
    10kHzでは、容量 0.015uF、ESR 約30Ω。
容量が大きくなり、ESRも高くなったのか。

120130-5.jpg 120130-6.jpg 120130-8.jpg120130-7.jpg

正常と思われるフィルムをこのうち測ってみて、比較してみる。

0~99.99V/0~0.4A or 0.8Aの精密電源。80年代の製品。外観がくたびれているが、実力が健在。

出力電圧・電流の精度にとくに問題ない。ただ、OVERVOLTAGEボリュームを少しでも回すと警告ランプが点く症状があった。吹きつけてボリュームを洗浄してやったら症状が改善した。

ファンがなく、リレーもなく大変静か。100 DCVの電源は手元にないので、自分にとっては貴重な逸品。

111217-5.jpg 111217-6.jpg 111217-7.jpg 111217-8.jpg 111217-9.jpg

↑出力電圧設定用の精密抵抗20個。2ppmという表記。計測器の生産に当時コストの意識はなかった?比べて、ボリュームは安物。ガリにならないほうがおかしい。

111026-6.jpg

実験用電源を作ったけれど、注文しておいたアジレントのDC電源が忘れた頃(1ヶ月半経過)にやっと届けてくれた。

<Agilent DC電源 U8002A>
 電圧 0~30V
 電流 0~5A
 定電圧、定電流運用可
 出力電圧の上限を10mV単位、電流を10mA単位で指定可
 出力電圧・電流上限の組み合わせを3つまで記憶可

ということで、従来の電源にデジタル操作性がプラスされた格好。

本体以外に、3ピン電源ケーブル、CD版取説、検査保証書がついている。テストリードは別売。

電流5Aまで流せるので、本体は重くて8キロもある。後ろに放熱ファンがついていて煩く、静音とはほど遠い。設定した上限の電圧・電流と、出力中の電圧・電源の値は同時に見られないなど、手作り電源では直した問題点がついている。

それでも憧れのアジレント(旧HP)ブランドなので、大切にしていきたい。アジレント製品は高価なものが多く、欲しくても手が出せない。

111026-7.jpg