120704.jpg

手に取った瞬間、エライものを手にしたなと直感した。ネジすべてが真鍮でできていて、ツァイス Contax I を思い出させたから。1956年製。メータの銘板でも抵抗器上の刻印でもそう主張していて、疑う余地はない。

裏蓋は鉄板製。サンワ商品はそれの真似っ子か。しかし、こちらは鉄板の表面に皮のような絶縁材が貼ってあって、ショートする心配は無さそう。テスタ自体が重いので、基板の上に載せて使うことはあまりないと思うが、設計者の拘りが感じずにいられない。

裏蓋を固定する真鍮製ビス4本を取り外すと、綺麗な内部があらわになる。ロータリースイッチではあるが、その構造はほかではあまり見ない。接触不良は起きるものか、と設計者の自慢が聞こえてくる。抵抗器が基板の裏に綺麗に円状に並べられていて、美しい。ハンダはすべて金色に塗装されていて、腐食対策は万全。AC整流器が見えない。円状に隠したのかもしれない。

単1電池2本を使う。横に寝かせるのではなく、立たせて使う発想はいまにはない。弱々しいバネではなく、真鍮ネジでがっちり固定させるところも立派。

調べたところ、電流レンジはスペック内に精度が保たれている。巻線抵抗器の長期安定性は素晴らしい。DC電圧レンジは若干低くなっているが、2%以内の誤差。AC電圧レンジは整流器の劣化だと思うが、5%の低下が見られる。抵抗測定ではRx1が不動(抵抗器の焼損が原因かもしれないが、目視では確認できない)、他の3レンジは問題ない。セロΩ調整ボリュームもしっかりしていて、ガリはなさそう。

コストを考えずに力のすべてを絞り出したメーカの姿勢は尊敬に値する。感度こそ米国製Simpson 260に及ばないが、作り自体は負けてはいないと断言する。

前所有者が大事に保管してきたことを、商品をみて感じている。恐らく遺品のようなものだろう。コイン1枚で手にした自分は何としてでも大事に後世に残さないといけない逸品だ。

120704-1.jpg 120704-2.jpg 120704-3.jpg 120704-4.jpg 120704-5.jpg 120704-6.jpg 120704-7.jpg 120704-8.jpg 120704-9.jpg 120704-10.jpg 120704-11.jpg 120704-12.jpg 120704-13.jpg

120615.jpg

何台目なんだろう、Simpson 260がまた届いた。今回は AFP-1 というシリーズ。1960年代製で、米軍(Air Force?)向けの仕様だそうだ。カメラのライカと違って、Simpson 260 はテスタの王者と言えども、整理された資料が少なく、本シリーズにとくに謎が多い。

120615-1.jpg120615-2.jpg

日本の自衛隊は横河電機製 YEW 3201を使うのと同様、米軍は第2次大戦からすでにSimpsonを実戦部隊で使っていた。いまはテスタといえばデジタルだが、電池のことや極限状況を考えて、恐らくアナログとデジタルの両方が軍に支給されていると勝手に推測する。

120615-3.jpg

このAFP-1はシリーズ5Pと同一中身と言われている。片方しか所有していないので、ホントのことは分からない。ただ、製造年代によって同じシリーズでもバリエーションがある。本機では、プリント基板の左上、保護回路の部分がほかの機種と違うようで、つまり、保護回路が一枚のプリント基板に搭載されているのだ。また、保護回路に、トランジスタ1本、ダイオード4本、抵抗器2本、コンデンサ1本が使われている。

120615-5.jpg

本シリーズのマニュアルには、軍仕様ということもあろうか、プリント基板の取り外し方が明示されている(すでに本ブロブでも紹介した手順)。また、抵抗器の交換についてもそのやり方が説明されている。つまり、故障した抵抗器の両側リード線をなるべく長く残すように切断し、新しい抵抗器を残ったリード線に半田付けするという方法。見た目は汚いが、プリント基板を降ろさずに修理可能で、一分一秒を争う戦場ならではの交換方法だろう。

というわけで、Simpson 260は整備性を念頭に当初から設計製造されたテスタともいえる。シリーズ2は最悪じゃないかと文句を言いたくなるが、現行品を含め、それ以外のシリーズは確かに整備の一貫性を保っている。対して、日本製テスタにYEW 3201が整備性に関し最も優れていると思っているが、他の現行品は皆面倒。

しかし、本機の抵抗器は値が大きく崩れている。値の小さい方にズレているのなら、他の並列抵抗による影響とも考えられるが、ほとんどは値が増加するほうに変わった。60年代のアメリカでは、日本製商品の氾濫で、製造コストを意識するようになり、結果的に質の悪い抵抗器を一時的に使ったのかもしれない。というのは、遥か古いシリーズ2や3ではよく値を保っているし、同年代の日本製テスタにこんなデタラメの抵抗器は見かけなかったから。

120615-11.png

RX1レンジ測定用11.2Ω抵抗器は大きく、基板上でも目立つ。よく焼損したので、ヒューズ+保護回路であっても、W数のデカイ巻線抵抗を採用したのは、やはりお客様(本シリーズの場合は軍隊)本位と評価したい。

<保護回路が正常かどうかのチェック(マニュアルによる)>
1.15V電池をテスタに内蔵させ、レンジスイッチをRx10,000にセットする。
2.ファンクションスイッチを-DC(マイナスDC側)にセットする。
3.黒のテストリードプラグをCOMに挿入し、もう片側を50uAジャックにタッチさせる。
4.すると、パネルにある白色リセットボタンが飛び出してくるはず。
5.このテストではテスタにダメージを与えることはない。
6.リセットボタンが飛び出さなければ、内蔵の15V電池が容量不足か、内蔵の保護回路が壊れている。
7.白色リセットボタンを押し戻して復帰させる。

以下の写真は保護回路が作動した様子を表している。

120615-10.jpg

正面のパネルやメータガラスを保護するためのハードプラスチックカバーがついているだけでなく(最初の写真)、裏蓋の裏には補強板が追加されている。シリーズ5Pも同様の裏蓋かどうかは定かではない。

120615-11.jpg

最後に、他の写真も載せておく。ヒューズがシリーズ5Pからやっとホルダーに収められたことや、15V電池の格納箇所が写真からわかる。

120615-6.jpg120615-7.jpg120615-8.jpg120615-9.jpg

120603.jpg

首の皮一枚でつないだ状態で届けられた。でも、重症の自分はこういうものを見ると萌えてしまう。新品同様だとせっせと片付けて見向きもしない。

Sanwa 360-YTR。抵抗器等を見ると1960年代の商品だと思われる。DCの内部抵抗は10V以上のレンジでは4kΩ/V、DC2.5Vおよぼ0.5Vレンジでは10kΩ/Vと高くなっている。ちなみに、本機種の後継機はYX-360TRだ。

120603-2.jpg 120603-1.jpg

届いた状態では、メータの指針がフルスケール近くに止まっていた。調整したら動くようになった。メータムーブメントは昨日のEM-3000IIとは品質的には変わらず、Simpson 260やYEWとは結構なレベル差を感じた。恐らく、60年代には技術力による差、今日はコスト第一による差なんだろうね。最も質のいいメータムーブメントはSanwaの70~80年代製品に装備していたことか。

120603-4.jpg

ただ、ロータリスイッチはやはり一流。接触不良が起きないだけでなく、感触が素晴らしい。

バラバラの部分を接着剤で固定し、補強材でさらに補強して、実用に耐えるレベルに復活させた。焼損した抵抗器がなかったことがラッキー。

120603-3.jpg 120603-5.jpg

鉄製の裏蓋が精密に作られていて、本体に完全に嵌めこむことは無理っぽく、諦めた。

120603-6.jpg

<参考資料>
回路図パーツリスト

メータの指示がだいぶ低いので、調整することにしたが、フルスケールには行かず、指針が途中で止まってしまった。

調整では直せない問題なので、メータを開けることにした。

120602-10.jpg 120602-11.jpg 120602-12.jpg 120602-13.jpg

コイルと鉄芯との隙間にゴミらしきものが入っていて、非鉄製の楊枝で慎重に取り除いたらフルスケールまで動くようになった。

ところで、直径1cmの丸いもの(非鉄、非磁石)が内部についていた。ドライヤーと書いてあるが、目的については全く理解不能(湿気取りのため?)。取り除いたが、それでいいかどうかは心配。なお、見たところ、メータムーブメントは決して高価なものではない。

B3サイズのカタログ「TESTER WORLD」に1993年頃、サンワ(三和電気計器株式会社)が販売していた商品が纏められている。

大別すると、アナログマルチテスタ、デジタルマルチメータ、LCRメータ、ワイヤセレクタ、光測定器、ロジックテスタ、データロガー、音響用測定器、デジタルマルチメータ(卓上型)、保守管理用測定器、となっている。

デジタルマルチメータ(DMM)はすべて販売中止になっているし、本人の関心商品といえばアナログマルチテスタ(AMT)なので、AMTをカタログから値段順でピックアップしておく。

 NA-710F 超ワイド48レンジ ¥12,900
 TA-80 エンジンアナライザ ¥12,500
 AU-31 世界初オートレンジ式 ¥10,800
 EM-3000 高感度FET電子式 ¥9,880
 CX-506 Cメータ・TRチェッカ内蔵 ¥7,850
 BX-85TR ロジックアナライザ機能 ¥6,280
 AX-313TR オール極性切替機能 ¥5,980
 SH-88TR ゼロセンタメータ機能 ¥5,450
 T-50BZ ブザー導通チェック ¥5,390
 UX-75TR 拡張ユニット対応 ¥4,980
 SXS-77 微小測定ソーラ充電 ¥4,880
 YX-361TR 24chワイドレンジ ¥4,780
 SP-15D ショックプルーフメータ搭載 ¥3,980
 JP-12D ダイオード測定レンジ内蔵 ¥3,790
 CP-7D 厚さ23mmの薄型設計 ¥3,770

現行商品のラインナップになお残っているのは AU-31、SH-88TR、YX-361TR、およびCP-7Dの4品。

120602-8.jpg

120602.jpg

自分にとっては2台目のFETテスタ。本体以外に、テストリード、取説、「Tester World」というカタログ、および元箱がついている。テストリードの黒棒は先端がマイナスドライバのように加工されていて、センターゼロにするためのZero ADJを回すのに便利。製造時期不明だが、取説は1993年4月の印刷。

120602-1.jpg 120602-2.jpg

高感度というのが特徴。DCVの内部抵抗は一定で、約10MΩ。また周波数特性がよく、3Vレンジでは、50~5MHzとワイドになっている。ほかに、抵抗測定では最大1000MΩまでに対応、ハイメガオームの測定に便利かもしれない。

120602-3.jpg 120602-4.jpg

使用電池は3本。抵抗測定用単二1本、残りの006P 9V 2本は増幅回路とブザー用。単二のマイナス側は取替えられたようで、液漏れにやられたのかな。

内部のプリント基板は2階建構造、ロータリスイッチの周りが高くなっている。見える範囲では、調整用半固定抵抗器は4つ付いている。本個体は指示がだいぶ低下しているので、調整だけで治ればいいね。

ちなみに、回路図が取説にあって、調整には苦労せずに済みそう。

120602-5.jpg 120602-6.jpg 120602-7.jpg

昨日、気になっていた抵抗器を取り替えた。適当なボビンは手元にないので、高抵抗値の抵抗器にマンガニン線を巻いて、外に熱収縮チューブを被せてごまかした。

R6 20Ω 0.16mmマンガニン線 約1m
R32 11.2Ω 0.23mmマンガニン線 約1m
R33 108.8Ω 0.10mmマンガニン線 約2m

120527-1.jpg

円筒形のR26については、YEW電圧電流計から強引に持ってきた。形はよく似ているのが理由。

120601-3.jpg

MF-18型に半固定抵抗器が3つあり、それぞれ、DC60uA, DC150mV、AC調整用となっている。今回は、抵抗器の取り替えによって、DC関連の2つを調整することになった。

120527-3.jpg 120527-4.jpg

調整作業自体は難しくない。テスタを水平に置き、指針のゼロ調整をまず行う。終わったら、ロータリスイッチを調整するレンジに回し、フルスケールになる電流(60uA)または、電圧(150mV)をかけることでできる。

半固定抵抗器は中心部がネジで固定されているだけの仕組み。中心ネジを多少緩めて、ドライバでアームを、指針がフルスケールになったところまで回して、最後に中心ネジを固定する。

120527-5.jpg 120527-6.jpg

MF-18はイギリスAVO meterの影響をうけながらも、中国が60~70年代に独自に開発したテスタ。20kΩ/Vの感度を持ち、AC電流も測定できる。DCの許容誤差は1%と高いところが特筆事項(AVO meterに並ぼうとして1%に設定されたと推測するが、結果的に日米製を超え、コストが無視できる計画経済下ならではの賜物になった)だろう。いまでも中国にそのファンが多い。これ以上のものは世界的にも作れなくなったので、大事にしていきたい。

120526.jpg

上海滞在中、念願のMF-18をゲットしたのは良かったが、回路図やネット上に公開されている内部写真で精査しているうちに、怪しい抵抗器をいくつか発見した。過負荷による焼損や、湿気による断線等によって取替えられたものと思われる。

120526-2.jpg 120526-3.jpg 120526-4.jpg

しかし、その品質はMF-18に相応しいとは思えず、元に戻そうと考えている。

120526-5.jpg

  R6 20Ω 巻線抵抗器
  R32 11.2Ω 巻線抵抗器
  R33 108.8Ω 巻線抵抗器
  R26 500Ω 円筒型(銅線?)巻線抵抗器

とくに、R26は下記のように、とても格好のいい抵抗器だったので、すぐには無理だが、なんとか元のかたちにしたい。

120526-6.jpg

ところで、11.2Ωという抵抗器はよく壊れるね。Simpson 260-2でも、260-3でもダメだった。Rx1レンジで電圧を測ったからかな。

早速分解してみた。パネルにあるツマミ3つを取り外す。ネジ固定式なので助かった。

120523-10.jpg

ツマミの下にある固定リング3つを取り外す。カメラ分解用ツールがたまたま手元にあったので利用したが、100円ショップにも適当なツールがあろう。

120523-11.jpg

裏フタを開け、単一電池両側の固定ネジを外す。

120523-12.jpg

メータとのリード線を外す。メータが中で落ちることを防ぐために、必ず片方を外して固定し、終わったらもう片方。ただ、Simpson 260はよくできていて、両方同時に外しても問題なさそう。

120523-13.jpg

パネルとのリード線4本を半田こてで溶かして外す。

120523-14.jpg 120523-15.jpg

ここまでくると分解できた。

120523-16.jpg 120523-17.jpg 120523-18.jpg

ひと通り作業したら、腐食によるサビが落ち、綺麗になった。

120523-30.jpg

そして、取り外した巻線抵抗器R16。11.5Ωのところが約2Ωになってしまった。マンガニン線がまた大活躍。

120523-31.jpg

さて、今回は0.23mmのマンガニン線約1mを使って、巻き直した。作業後、防湿処理があったほうがいいということで、いつものようにロウソクを垂らしてやった。熱には弱いが、過負荷になると変な匂いが出るので、すぐに気づいてもらえるのが理由だ。

120523-33.jpg

ACの調整が残っているが、感度が1kΩ/Vと低く、実用的ではないので、そのままにした。

第2次世界大戦当時やその後の10何年間、アメリカの技術力がいかに圧倒的に高かったか、この製品をみて強く感じた。60年代後半になって、やっとこれを超えるテスタを日本が作れるようになった。Simpson 260初代から数えたら、30年の遅れだったか。