1961年製、まもなく還暦を迎えるアナログマルチテスタ 三和 Sanwa 320-X が届いた。送料のほうが高かったジャンク品。厚みが6cmもある鉄製の箱、ベークライト製パネル、20μA高感度メータ、ガラスカバー、当時の真空管テレビ修理用5000V対応高DC電圧。

パネル。印刷ではなく、彫り込み文字。消えることはないだろう。
ゼロΩ調整つまみはオリジナルではないはず
メーターのカバーはガラス。静電に強い。銘板に1961との書き込み。
厚みは6cm。半端じゃない。

ロータリースイッチの感触はやはり素晴らしい。2階建てのそのスイッチは60年近く経っても衰えを見せない。ガタは全くなく、軽快そのもの。接触部分は1mmの銅合金でできていて、接触不良は全くなく、寿命は100年以上もあるだろう。Sanwaのロータリースイッチの品質は世界一といっても過言ではない。

Ωレンジ測定用電池として、22.5V(100Mgレンジ)、および単2一本(100mgレンジ以外の3レンジ)の2種類が必要。22.5V電池の入手が困難になった今日では、22.5Vにするキットやアダプターの利用など、何らかの工夫が必要。

また、ACの整流にはダイオードではなく、セレン整流器が使われている。

しかし、本品はジャンク。開けると、鉄箱の底や、電池ホルダーにおびただしいのサビや、腐食。必死でクリーニングしても下の写真のような有様。塗装し直すしかない。

サビ・腐食のつめ跡
整然と並んでいる抵抗
33Kの抵抗を2本(35Kと800K)の並列で実現している。出荷時の実装か?
セレン整流器周辺。半固定抵抗で調整。

内部の基板に抵抗がきれいに並べられているが、修理のためか、番号が書き込まれている。怪しい巻線(どうみても、オリジナルではないはず)はその時の作品だったかもしれない。断線している巻線抵抗もひとつあった。

問題の抵抗が2つ
ロータリースイッチは立派な2階建て。
上下ある2本のスイッチアームが、左右ひとつずらして組み込まれている。

湿気、サビのせいか、あるいは、不注意の使い方による大電流の印加か、ジャンクに相応しい本品は断線の巻線抵抗だけならまだ救いがあるが、なんと、メーターの可動コイルも断線している。

メーターを分解してやっとその深刻さに気づいた。しかし、コイルまで巻き直す技術は持ち合わせていない。20μA高感度メーターにするには、多くの巻数と極細(0.07mm)のエナメル銅線が必要。現実的対応として、ジャンク献体を探すことは時間がかかるが、比較的楽。

さて、再稼働はいつ頃になるだろう。

ネットで見つけた回路図を載せておく。

本品は一部抵抗の表記が上記の回路図と違っているので、各抵抗器の表記と実測値を記しておく。測定誤差もあるので、測定値はあくまでも参考程度。

<追加>
ネットで調べたら、どうも後期型もあるようだ。コスト削減を意識したのか、ロータリースイッチは2階建てではなくなった。抵抗器の配置もより合理的になり、抵抗器を収める壁(抵抗器の大きさに一部あっていないのに)も撤去された。

Sanwa 320-X 後期型か?

アナログマルチテスタの復権はありえないけど、子供時代の憧れだったので、格安物があれば、ついつい手を出してしまう。とくに、メルカリのように、送料込みの即購入という誘惑にはなかなか克てない。

ということで、日置(Hioki)3010をゲット。自分にとっては2台目。特徴は何と言ってもその高感度。フルスケール10μAのアナログテスタはそんなに多く存在していなかった。日置はそれのみ。三和は2μAのものまであったが、10μAまでを含むと数機種のみだったはず。無論、高感度ゆえのデメリットもあり、レスポンスが遅い、安定度が良くない等。今回の商品には回路図までついていたのも誘惑のひとつ。

HIOKI 3010 回路図(画像をダウンロードして拡大表示可)

手持ちとの顔合わせ(右は今回の商品)。手持ちは1987年9月製(裏フタの内側に製造年月に関するラベルあり)、今回は1987年11月製。2ヶ月の差しかないのに、見た目による状態の差は歴然。

内部では、ロータリスイッチの回転軸の長さが若干違う以外に、見た目の違いはあまりなかった。内部の作りは設計の問題ではないにしろ、抵抗のはんだ付けは雑で、高級品という気概は感じられない。また、ロータリスイッチは弱々しく、三和のロータリスイッチに関する技術に大きく遅れを取っていた。

さて、肝心の動作確認だが、DC10Vレンジになると5%以上の誤差が出てしまう。DC1V, 3Vは誤差内に収まっているのに。

基板から抵抗器を外して測ったらとくに抵抗値の誤差は認められず、ロータリスイッチを回してほかの測定レンジにセットした場合でも、基板にはんだ付けしなおした抵抗器(R10, 698kΩ)両端の抵抗値は問題ないが、ロータリスイッチを10Vにセットしたら、R10両端の抵抗値は660kΩに低下し、誤差5%を超えた理由を説明する。手持ちはしかし、ロータリスイッチの位置と関係なく、R10両端の抵抗器は変化しない。

不思議な症状だ。ロータリスイッチの接触不良か、余計なところにスイッチオンしたか。

140220-10.jpg

島津電気計測器株式会社製 アナログテスタ Shimadzu MT-200A が届いた。本体以外に、収納ケース(皮製)、取説(貴重な回路図有)、検査成績表(社内検査日 昭和 54年2月7日)、テストリードが付いている。

テスタを数十台集めてきたが、検査成績表を見たのが初めて。1台1台検査して出荷することは、いまでは考えられないと思う。レンジによって、フルスケールのみの検査もあれば、中間スケールを含めて(メータの線形性や、整流ダイオードの特性がこれでわかる)検査するのもある。抵抗レンジは中央値からのずれが検査対象。

140220-14.jpg140220-16.jpgメータの配置がふつうのと上下逆になっていて、ユニークだ。dBレンジがあることも変わりもの。レンジスイッチの切り替えは軽快そのもの、Sanwaと同レベル。

メータ窓はガラス、静電気による影響を受けないので高得点。JIS クラスA 規格をクリアしたようだ。dB目盛が入っていても、目盛全体は案外読みやすい。ただ、経年劣化だと思うが、メータのバランスは良くない。不良品にぎりぎり入る状態。つまり、縦にしてみると、針がゼロから1/60目盛以上にずれてしまう。

140220-18.jpg140220-17.jpg

内部づくりは横河電機の3201と似ている印象。電池は単一1本だし、プリント基板を裏返してスイッチの電極に転用している。なお、ヒューズは見当たらない。

久々、アナログテスタが届いた。使うことはそれほどないが、集めるのが好き。古いものなら、いつ経っても修理可能だし、眺めるだけで心が癒やされる。

届いた個体の内部に、液体が吹きつけられている。レンジスイッチが固まっていたのかも。それのクリーニングと、内部のつくりをみてみたいので、分解した。半田こてを使わないと分解できず、整備性は悪い。

140123-1.jpg140123-2.jpg140123-3.jpg140123-4.jpg140123-5.jpg抵抗レンジX1は不動とのことだが、確かに巻線抵抗器が断線している。巻線なので、抵抗値は表示されていない。回路図が入手できなければ、周りの抵抗値で算出する方法を利用する。

140123-6.jpg

本ブログの記録によると、Sanwa N-401Fは約2年前に手にしたもの。メータのバランスが悪く、いつか調整すると考えていた。

仕事や受験勉強の一時休憩というつもりで、N-401Fを整備することにした。固定ネジを取り外したら、大変整備しやすいことに気づいた。電池とのリード線2本、メータとのリード線2本、計4本をコテで溶かせば、木製ケースも、メータも完全に分離できる。驚いた。

131227-6.jpg整備前のバランス。不良品。

131227-4.jpg2時間かけて根気よく調整してみた。まだパーフェクトではないが、水平の状態でも、立たせた状態でも、ゼロ調整はしなくて実用できる状態に戻した。内蔵の精密抵抗値は経年劣化によって多少誤差が出ているが、数%以内の誤差が問題なければ、実用的だ。

入手できるなら、もう一台欲しい。分解して惚れなおした。

131227-5.jpg

2年間、アナログテスタを数十台集めてきた。今回は日置(Hioki)ブランドの3010。製造が西澤電機(Nishizawa)、いまでもNishizawaブランドで販売されている。裏フタに8709というシールがあり、80年代製だろう。82年に新品購入した3004が手元にないが、いつかそのシールをも確認してみる。82xxという書き込みであれば、製造年月のことだと確信できる。

高感度とリレー保護回路内蔵が特徴か。入力抵抗はDCが100kΩ/V、ACが10kΩ/V。また、AC目盛がリニアになっていて、最小レンジが10Vによるものかも。

130427.jpg

Read More →

久々のテスタネタ、しかもFETテスタ。直近はどういうわけか、入手したものはFETテスタがほとんど。別に選別したわけではないが、面白いと思ったらFETテスタになってしまった。

130414-10.jpg

130414-17.pngHiokiと書いてあるが、実際の製造は西澤電機計器製作所(Nishizawa)、いまでもNishizawaブランドの現行品として販売している。1982年に踏ん張って新品の Hioki 3004を購入したことを覚えているが、それもNishizawaの製品。80年代からずっと同じモデルを作り続けてきた姿勢はすごい。1969年発売のYokogawa YEW 3021につぐロングセラーだろう。

電源スイッチがある以外に、本機はふつうのテスタに見える。ただ、目盛板をよく見れば、Ωスケールが逆になっている。入力抵抗はDCが10MΩ固定、ACが1MΩ。

Read More →

同じ顔のデザインがVTVMやボルトメータだけでなく、電源としても、このFETメータとしても採用されている。いずれ電源も手に入れて4台揃って並べてみたい。

回路の基本構想はVTVMと同じだと思う。真空管の代わりにFETとオペアンプが使われている。それによって、長寿命・省エネというメリットが得られた。

Read More →

島津製作所は一部上場企業だが、かつて質のいいアナログテスタを作っていたことはあまり知られていない。自分のところも、本機が最初の一台。折角縁があって出会ったので、どうしても中をみたいというのが入手の理由だった。

内部抵抗の刻印が24.12となっており、戦後混乱期の昭和25(1950)年製であることは間違いない。還暦を超えている。大卒月給3~4千円の時代に、売値が1万円だとか(要調査)。

Read More →

久々にアナログテスタが届いた。送料のほうが高いという格安品。本体以外に、取説書、出荷当時のヒューズ4本が付いている。70年代の製品(Hioki社公式Webサイトでは1981年以前に廃止との記述)だと思うが、ネット上でもHioki社の以外に、情報がほとんどない。

 

Read More →