140220-10.jpg

島津電気計測器株式会社製 アナログテスタ Shimadzu MT-200A が届いた。本体以外に、収納ケース(皮製)、取説(貴重な回路図有)、検査成績表(社内検査日 昭和 54年2月7日)、テストリードが付いている。

テスタを数十台集めてきたが、検査成績表を見たのが初めて。1台1台検査して出荷することは、いまでは考えられないと思う。レンジによって、フルスケールのみの検査もあれば、中間スケールを含めて(メータの線形性や、整流ダイオードの特性がこれでわかる)検査するのもある。抵抗レンジは中央値からのずれが検査対象。

140220-14.jpg140220-16.jpgメータの配置がふつうのと上下逆になっていて、ユニークだ。dBレンジがあることも変わりもの。レンジスイッチの切り替えは軽快そのもの、Sanwaと同レベル。

メータ窓はガラス、静電気による影響を受けないので高得点。JIS クラスA 規格をクリアしたようだ。dB目盛が入っていても、目盛全体は案外読みやすい。ただ、経年劣化だと思うが、メータのバランスは良くない。不良品にぎりぎり入る状態。つまり、縦にしてみると、針がゼロから1/60目盛以上にずれてしまう。

140220-18.jpg140220-17.jpg

内部づくりは横河電機の3201と似ている印象。電池は単一1本だし、プリント基板を裏返してスイッチの電極に転用している。なお、ヒューズは見当たらない。

140205.jpg昭和30年(1955年) 横河電機製 (L-3) 2号携帯用試験器(ホイートストンブリッジ)を入手した。1台目は巻線抵抗の腐食断線等、状態が悪かったが、この2台目は保管状況がだいぶ良かったようだ。

いまは無き三和銀行電気室のラベルが貼ってある。銀行にもそういう測定器がひと通り揃えられていたことは勉強になった。当時では最も精度の高い測定器のひとつだっただろう。4桁の分解能、つまり、千分の一の精度を確保するにはいまでも簡単ではない。

ゴム足は全滅。消耗品なので交換したい。また、製造時期は1台目より、1年半後になったが、コストが図られ、x10、x100、x1000 の3ダイヤルの裏では、巻線抵抗が10本ではなく、タップをつけ、5本になっている。x1のほうは、巻線の長さ調整が微妙なので、10本のままだ。

そういうことで、状態が良ければ、昭和29年以前の製品がおすすめ。それ以降の製品は少しずつダメな作りになっている。つまり、当初の10本から、今回の5本、現製品の4本とコスト削減が行われていて、その結果、抵抗つくりが複雑になったり、切り替えスイッチが複雑になったりしている。

なお、比例辺を測定したところ、巻線抵抗の誤差が0.1%程度、問題なく機能している。横河電機製品の耐久性に敬服しかない。間もなく還暦を迎えるというのに。

140205-1.jpg

久々、アナログテスタが届いた。使うことはそれほどないが、集めるのが好き。古いものなら、いつ経っても修理可能だし、眺めるだけで心が癒やされる。

届いた個体の内部に、液体が吹きつけられている。レンジスイッチが固まっていたのかも。それのクリーニングと、内部のつくりをみてみたいので、分解した。半田こてを使わないと分解できず、整備性は悪い。

140123-1.jpg140123-2.jpg140123-3.jpg140123-4.jpg140123-5.jpg抵抗レンジX1は不動とのことだが、確かに巻線抵抗器が断線している。巻線なので、抵抗値は表示されていない。回路図が入手できなければ、周りの抵抗値で算出する方法を利用する。

140123-6.jpg

注文した電源が届いた。真空管用やコンデンサ耐圧テスト用として選んだのがKikusui PMC350-0.2A。最高電圧は350V、最大電流は0.2A。

電流のほうが少ない気もするが、空冷式だとこのへんが限界かもしれない。使う頻度の少ない電源でも、手元に1台あると便利。

Limit ボタンを押しながら(内部では出力をショートしている状態)、出力電圧と出力電流を調整する、というやり方は慣れるととくに違和感はない。正面からでないとLED表示がよく見えないところが欠点だと思う。

140116.jpg

本ブログの記録によると、Sanwa N-401Fは約2年前に手にしたもの。メータのバランスが悪く、いつか調整すると考えていた。

仕事や受験勉強の一時休憩というつもりで、N-401Fを整備することにした。固定ネジを取り外したら、大変整備しやすいことに気づいた。電池とのリード線2本、メータとのリード線2本、計4本をコテで溶かせば、木製ケースも、メータも完全に分離できる。驚いた。

131227-6.jpg整備前のバランス。不良品。

131227-4.jpg2時間かけて根気よく調整してみた。まだパーフェクトではないが、水平の状態でも、立たせた状態でも、ゼロ調整はしなくて実用できる状態に戻した。内蔵の精密抵抗値は経年劣化によって多少誤差が出ているが、数%以内の誤差が問題なければ、実用的だ。

入手できるなら、もう一台欲しい。分解して惚れなおした。

131227-5.jpg

注文したプローブが届き、年末年始休みに間に合った。

131226-2.jpg実物みたら、AC283は長さが20cmもあることにびっくり。値段も1セット5千円と高価だが。測定時ショートさせる心配はこれで完全になくなりそう。

131226-3.jpgTP220は赤黒が同一形。しかし、ガードリングが邪魔。前に無理やり動かしたら外れた。ラッキー。感電しても自己責任にしたいから、測定の邪魔をすることはやめて欲しい。

131226-4.jpg131226-5.jpgAC283とTP220+テストリードTL224は相棒になりそう。

余談だが、食事するひとの箸の握り方を観察するのが好き。多くの人は残念ながら不合格。手先が器用なひとは少ないということかも。

ブログの記録によると、今年3月に手にしたものだが、入力端子がM型であること、当たりによってその入力端子が大きく左右に曲がっていて、修復後も信頼性に問題があったこと、等の理由で、M型をBNCに改造した。ホントの理由はただ弄りたいだけだが。

フロントパネルをまず分解。レンジを示すLEDはリモート用で、スタンドアロンでの使用では点かない。点くように改造したいが、今回はパス。

131225.jpgM型コネクタはアルミパネルと絶縁して取り付けられていた。フロントパネルとの絶縁に製造時に結構腐心したように見えた。正面では、M型コネクタの付け根に透明な絶縁リングが挟まれており、裏では、プリント基板のような片面が絶縁体、片面が金属のような板が、M型コネクタの固定ナットとの間に置いてあった。また、M型コネクタが回転しないよう、ナットとの隙間に大量の半田が流し込まれていた。

言葉による説明がわかりにくいが、残念ながら、上記の様子をよく分かる写真は取っていなかった。ちょっとだけ写った下の写真で想像して頂きたい。

131226.jpg

その結果、パネルからM型コネクタを取り外すには大変苦労した。数百Wの高熱量コテがないし、あったとしてもひとりでは作業が難しく、コテを持つ手、パネルを持つ手、ナットを回すレンチを持つ手が欲しかった。そこで思いついたのは、カッターでスズを削る作戦。柔らかいので、10分もあれば、綺麗に削リ取った。

131225-2.jpg手元にあった絶縁型BNCコネクタを付けることにした。

131225-3.jpg旧M型コネクタのところを紙で塞ぎ、改造完了。

131225-4.jpg

そして精度確認。発振器からの出力を二股にした。

131225-5.jpg10mVレンジでの10mVはOK。

131225-6.jpg

30mVレンジでの30mVもOK。

131225-7.jpg2ch間の指示誤差もほとんどなく、優れた製品といえよう。1ch単独の同社製品に比べて上限周波数が約半分の500kHzしかないが、ステレオアンプ等の2ch同時測定には便利な商品だと思う。とくに、2ch間の誤差がないところはグッド。

131225-9.jpg131225-a.jpg131225-b.jpg131225-c.jpg

新しいテスタが届いた。Sanwa PC500aを主力機種として使ってきたが、憧れのFlukeはやはり使ってみたい。

131209.jpg 131209-1.jpg

早速、自家製精密電源に繋いで、精度を確認。とくに異常はなさそう。

131210-8.jpg131210-7.jpg

1kΩ、10kΩ超精密抵抗の測定も異常なし。Fluke 87V自体の抵抗レンジ精度は0.1%しか保障されていなく、超精密抵抗を測ること自体は無意味だろう。

131210-9.jpg131210-a.jpg

ただ、電力測定用キットだからか、弱電にしか使わない自分には良さそうなプローブが付いていない。テストリード TL224は片方が直角で、良さそうだが、プローブ TP38は使いやすいとは思えない。

ということで、TL224に使えるプローブを探してみた。TP1は一部が平面で、パーツの測定に便利。TP2はよく見かけるタイプのようだ。TP220は黒と赤との形が微妙に異なる。あと、ピンクリップ AC283は通電のままでの測定に威力が発揮されそう。

131210-1.jpg131210-2.jpg131210-3.jpg131210-4.jpg131210-5.jpg131210-6.jpg

Sanwaと外観は似ているが、値段は倍以上も違うので、耐用性や信頼性は上かもしれない。数年後に結論が出ることを期待しよう。

131209-2.jpg

両手(指だけでもOK)を濡らして、片方が銅、片方がアルミをもつと、微小ではあるが、発電する。

化学では当たり前の常識。バッテリーや電池がないときに、テスタのメータが壊れているかどうかを、その場で簡易にテストする方法としてとても手軽。

塩水で濡らしたテッシュを銅とアルミではさみ、何重も重ねると高い電圧になるらしい。

アルミと銅と水、その組み合わせで思いつくのはアンテナの接続部分。ループアンテナはコスト削減(というか、銅の角棒は入手できない)のために、アルミで作ったのだ。接続部分はやられるのが時間の問題。

131208-5.jpg131208-4.jpg

131208-6.png

中国Rigol社製スペアナ DSA815を使っている。よくある考えとして、そのFirmwareの更新はいつも気になっている。でも、英語の情報を調べても、肝心のアップデートファイルは見つからなかった。

先日試しにネット経由でRigol Technologies USAに問い合わせてみた。個人情報を登録の上、製品のシリアルナンバー、製品のファームウェア番号を知らせた。直後の自動返信では間もなく連絡するとのこと。

あまり期待していないが、朝起きてメールボックスを覗いたら、Rigol USAのエンジニアらしき人物から、アップデートファイルとドキュメントが添付ファイルの形で送られてきた。

メールの内容を信用していいかどうかを決めるのに、いくつかのことを調べた。
1. 送信者氏名
2. 送信者メルアド
3. 送信者とRigol USAとの関連
4. 送信者とDSA815との関連

131015.jpgその結果、サイトwww.edn.comから該当人物の写真を発見。記事の紹介ではRigol’s technical team membersとのこと。

ということで、メールの内容を信用して良さそう。添付ファイルを慎重に解凍し、中身を確認。

.doc ファイルによるバージョン説明(ファイル日付2013.6.26)
DSA800_UpdateFile.RENAME(ファイル日付2013.5.16)

.docファイルは英語交じりの中国語、内部公開という類の社内文書。

さて、更新マニュアルに従って、スペアナの更新に着手。下手にすると動かなくなるので、慎重さが必要。

<更新手順>
1. PC上、アップデートファイルの拡張子 RENAME を SYS に変える。
2. USBメモリにアップデートファイルをコピー。
3. USBメモリをスペアナ DSA815に差し込み、Storageボタンを押す。
4. アップデートファイルを見つけ出し、Storageメニューの3枚目 Sys Update を実行。
5. 数分間でアップデートが完了。
6. スペアナの電源を入れ直す。

以上で更新作業が終了。念のため、スペアナのソフトバーションをリストアップして確認。

131015-1.bmpファームウェアは確かに00.01.06から 00.01.07に更新された。

ファームウェアアップデートファイルの入手をここまで難しくした理由は何だろう。