前回の記事から2週間のブランク。暇になったと思いきや、落ち着いて趣味に没頭する時間はなかった。ただ、10日間に記事にできるネタは沢山あり、ゆっくり消化しよう。

Read More →

Aitendoのラジオキットを組立てながら、60~70年代製トランジスタラジオの性能を確認したくなった。ヤフオクでは多く出品されているが、写真でみた限り、状態の良さそうなものは少なく、あったとしても高い。

Read More →

2Wの出力パワーを目標にパーツの値を調整し、最終的に以下のものにした。ダーリントンとして使えそうな音響トランジスタが手元にないので、東芝の2SA1358/2SC3421をそのまま頑張ってもらうことにした。

Read More →

パワー増幅段Trにエミッタ抵抗0.22Ωをつけ、バイアス調整用半固定抵抗500Ωを10回転ものに変え、やっと音出しにチャレンジしてみた。片chしかできていないが、それでも小型スピーカを鳴らすのに十分。

Read More →

手元にあった、厚み1mmのアルミ板を加工して、パワーTr および基板を装着した。基板固定用穴が用意されていないので、W1(入力音量調整用半固定抵抗)とC6(出力用カップリング)のところに穴を開けた。2箇所による固定なので、不安定になる心配はあるが、3つ目の穴を開くための場所がなかなか見当たらない。

Read More →

つぎのAitendoキットはOTLアンプ。昨年の後半から、オーディオ・アンプをずっと製作しているので、非常に親しみを感ずるキットといえよう。

Read More →