デジタルアンプと並んで、気軽に音楽を楽しむのにヘッドホンアンプ(HPA)がよい。バッテリーを電源とした携帯用は簡単に作れないか、と考えていたところ、秋月電子からロジックIC 74HCU04を利用したHPAキットが新発売となった。

74HCU04はC-MOSインバータ6つによって構成されている。インバータは等価回路的にコンプリメンタリFET2つであり、消費電流が大変少なく入力インピーダンスが高く、バッテリーにとても優しい。

121005.png 121005-1.png

さて、バッテリーを自分好みの単三にしたり、手持ちのプラケースに合わせるならば、自分で基板を起こすのが簡単。ということで、早速つくることにした。

手持ちのプラケースは単三2本内蔵で、タカチ製。内蔵できる基板の最大サイズは約67x70mm。さらにシリコンカバーが付いている。iPodよりは一回大きいが、在庫処分という理由で今回利用する。

121004-3.jpg 121004-4.jpg

回路は秋月電子とほぼ同じ。変更したのは①カップリングコンデンサを1uFに、②ゲインを5倍に、③片chに74HCU04を1つ使う。AKG K701をドライブするのに相当な電流が必要だろうから。

121004-1.png 121005-2.png

9月末の昨日、ヘッドホンアンプがやっと完成した。夏が遠さったことにつれ、自作の情熱も一段落。

出力段のアイドリングは100mA程度とはいえ、アルミケースにTr4つを固定して、放熱用とした。そのため、いつもの上下カバーが鉄板のSLシリーズではなく、OSシリーズのタカチケースにした。ただ、上下カバーの材質が違う以外に、他の部分は同一なので、外観上の違いはそれほどない。中身はショボくても、ケースを揃えば、それだけで立派に見える。手作りならではの特権を享受したい。

最近の傾向にならって、今回も基板一枚で済むようにした。そのため、配線が最小限に留まり、見た目はよい。入力は主にiPodや携帯等、イヤホン端子付きの機器を想定しているので、ケースのリアには電源関係のみにした。

回路自体は前回のUSB-DACで検証したものなので、抵抗の定数や、電源部分の強化だけの変更に留まり、出来具合も予想通り。

これで、ヘッドホンアンプ、パワーアンプ、プリアンプ、3つとも純Aクラスで揃った。

121001.jpg 121001-1.jpg 121001-2.jpg 121001-3.jpg 121001-4.jpg 121001-5.jpg

<追加情報>
 周波数特性を測定したので、アップしておく。1MHzまでほぼ平ら。

121114-30.png