秋月から、放熱基板付き 3W白色パワーLED(単価250円)および、それに対応するレンズ(単価150円)を調達して、LED照明の可能性を探ってみた。

110624-a.jpg

電源ケーブルをまずLED基板に半田付けした。50W以上のパワーある半田コテでなくても半田付けできる。

110624-b.jpg

つぎに、レンズへの装着だが、格闘して1時間、引っ掛けキズまで付けたのに、なかなかうまくいかなかった。最後には諦めて、強引にネジ孔を新たに開け、2x8mmのタッピングネジをねじ込んだ。

110624-c.jpg

パワーLEDは4.5Vでは約700mAが流れるらしいが、USB 5V電源に繋いで、手持ちの2Ω抵抗で電流制限して測ったところ、約4Vで500mAの電流になっている。

110624-d.jpg

ということで、今回は実質約2WのLED照明になった。15Wの蛍光灯の明るさにはまだ及ばないものの、2つや3つを同時に使えばふつうの仕事には十分だと思う。

110624-e.jpg

Comments are closed.

Post Navigation