注文した電解コンデンサが数日前に届いたが、古いブロックケミコンをどう取り換えるか、悩んでいた。手元にラグ板があれば、何とかなりそうだが。

適当でいいや、自分に言い聞かせ、手持ちだけでやってしまった。古いブロックケミコン(30μFx2+10μF)のところに、22μF 2個を強引に組み込み、3つ目はシャーシ内部に潜らせた。

そして、電源を入れたら、音楽が流れ、あっけなく復活したようだ。

トランスレスだけあって、ラジオ自体は真空管にしてサイズが小さいほう。つくりは雑で、手作りかもしれないが、年代ものなので、大切に使っていきたい。

修理に交換したもの
  電源ケーブル
  ブロックケミコン(30μFx2+10μF)を 22μFx3 に
  ペーパーコン 1000p, 5000p, 5000p, 5000p, 0.05μ, 0.05μ を
          1000p, 4700p, 4700p, 4700p, 0.047μ, 0.1μ に

なお、抵抗はすべてオリジナルのまま。全部測定したわけではないが、測れるものをやってみたら、抵抗値がほぼ精確で、長寿命であることが改めて確認した。

アンテナが出来上がったこともあって、短波でも放送局がガンガンはいる。生まれてから真空管ラジオをよく聴いていたので、懐かしさが蘇る。

I110521-a.jpg
110521-b.jpg
110521-c.jpg

Comments are closed.

Post Navigation