32mmステンレス巻きパイプを50cmにカットしてもらい、パイプ2本をつなぎ合わせるパーツを利用して、アンテナを約40cm高くし、エレメントがコンクリート手すりの上に完全に顔を出した。

外に見られたくなければ、低いままのほうがいいが、他人の目線を気にしない自分はできればもっと高くしたい。でもあと30cmで天井、この辺で妥協するしかない。

また、前から気になっていた防水キャップがホームセンターのアンテナコーナーにあったので、今日取り付けた。防水キャップが柔らかく、タッパーに開けた小さめの穴を強引に通すと、隙間を完全に塞いでくれる。

2本目のアンテナを自作するなら、20mm耐衝撃塩ビ管にし、1本のビニール線ではなく、何本もの裸の銅線を通し、束ねて1本にしたい。エレメントの断面積が大きければ、インダクタンスが下がり、広帯域受信に有利との意見があったからだ。

でも1年ぐらい使ってみ、大雨、台風、大雪等に、自作のアンテナが耐えられるか、経験を積んでから、つぎの2本目にチャレンジ。1年も経てば、違うアイデアが湧いてくるはずだし。

今日の材料費
   32mmステンレス巻きパイプ 90cm ¥648
   カット加工料 ¥150
   マスト接続金具、DXアンテナ製 MCP-32N-B2 ¥298
   防水キャップ x 2  ¥79 x 2
    計   ¥1254

110521-5.jpg
110521-6.jpg
110521-7.jpg

Comments are closed.

Post Navigation