個人の半田付けに適したサイズのトランジスタ、いわゆるTO-92パッケージものが生産中止の噂が絶えない。製造メーカーが新規設計非推奨にしたのが最大な理由。そのこと自体は各社のWebサイトからも確認できるので、本当らしい。しかし、いつ生産中止になるか、まだ確かめられない。

デジタル時代の進展、ICの普及、韓国・中国に代表された海外勢の攻勢をまえに、多種少量のトランジスタ生産体制を維持していくことが大変だろう。しかし、日本のお家芸ともいうTO-92パッケージトランジスタの生産縮小、生産中止は個人愛好家にとっては由々しい事態だ。

FETを含めたトランジスタがないと、多くの回路は組めない。電子工作の時代は終わりを告げるしかない。そういう意味で、自分は幸せな時代を過ごしてきたひとりだ。抵抗やコンデンサと同じ感覚でトランジスタを遠慮なく消費したからだ。

トランジスタは種類が多いが、代用品も結構多い。それに、国によって命名法はバラバラ。互換表や互換データベースがこれから人気になるだろう。昔の「最新トランジスタ規格表」がまだ何冊も手元に残っている。便利なネット時代に、規格表自体はダウンロードできるものが多い。

個人的には、すでにだいぶ遅れた状況だが、高周波・低周波別のトランジスタをできるだけストックしておきたい。単価数円のものを探すのは厳しいが、十円そこそこのものは頑張ればまだ見つかる。

ただ、いまでも新品やストック品が買える真空管と同様、数十年後になっても、全くトランジスタがなくなることは考えられないだろう。安値で買える型番はとても少なくなることは推測できるけど。

I110522-2.jpg

Comments are closed.

Post Navigation