昨日注文した浜松ホトニクス製 GM計数管(ガイガー・ミュラー計数管)D3372 が到着した。

たまたま秋月の再入荷商品を見てみたら、それが久々に登場した。在庫品の放出のようで、80個しかないという。

放射線計測キットとして昔に売っていたが、自分の手元にはそのキットがなく、組み立てられるかどうかは不明。それでも、放射性物質の検出を少しでも可能にしたいので、注文を出した。数時間後に、もう一度アクセスしてみたら、完売とのこと。それだけ皆が心配していることか。

秋月が公開したキット回路図をざっとみたら、600V高圧発生トランス、半波整流用ダイオード、コンデンサ、これら3つの入手先を探さないといけない。それと同時に、製作経験やアドバイス等、ネット上の情報を参考に、研究することも大事。

200個単位のトランジスタも一緒注文した。間もなく生産中止との噂が気になってたから。自分にはこれで向こう数十年、トランジスタを無駄に使っても大丈夫だと思う。3AG1、3AX31、あの時代に対するコンプレックスだな。

110520-b.jpg

Comments are closed.

Post Navigation