試験会場は東京御茶ノ水駅近くの、中央大学駿河台記念館3階370室。試験開始時間は9時50分。

何が起きるかはわからないので、いつも通り、1時間前に試験会場に到着。御茶ノ水駅に改札口が二つあって、聖橋口のほうが近い。ところが、9時35分になるまで、試験室に入れてもらえなかった。座席は受験番号の順番通りに指定されていた。一列が10名、約800名の受験生がいたと推測する。

聴解試験で音声を流すスピーカーは一台のみ、最終列の席でも聴き取れるとは思うが、自分は前から2番目の席。

9時40分から女性監督者がカンニングしながら、携帯とトイレについて説明し始めた。電源を切ることと途中の一時退席はダメだということ。50分には身分証明書の確認作業が行われ、10時ちょうどには答案用紙が先に配られ、氏名、受験番号の記入が指示された。そして、10時10分には問題用紙が配られ、ページの欠落有無等についての確認が済んだ後、試験が始まった。

本番はやはり緊張するもの。ふだんの練習なら40分で終えた読解部分は75分かかった。答えに迷った箇所があった。

11時31分にいよいよ聴解試験が始まった。音量調整が3回行われた後、音声が流された。途中、4番目の会話・説明問題のやり方は練習時と異なっていることに気づいた。4択すべてをマークするのではなく、正解の一つだけを塗りつぶせばオーケー。さらに、4択の内容についても問題用紙に書かれていた。

日本語の聴き取りが弱い人には朗報だ。4択の内容を聴きながらマークする作業が必要でなくなるだけでなく、答えを見れば、問題の内容や注意して聴くべきところが事前に推測できるから。

自分は一応頑張ったつもりだが、完璧にできた自信はない。問題用紙は持ち帰り可で、三日以内の正解発表に照らし合わせて自己採点ができる。

ふだん勉強が良くできるひとでも、試験が苦手のが多い。試験を受けると、一発勝負で白黒がはっきりするし、言い訳が通用しない。出題者はもっと偉いとの見方も可能だが、限られた時間で問題を解く能力と時間をかけて良問を出す能力が異なると思う。

12月には自分の住む市内で二つ目の日本語能力試験を受ける。なんでも経験が大事、今回の受験で、仕事や、英語等ほかの語学力向上に波及効果があると嬉しい。

以下は撮影した写真。御茶ノ水駅聖橋口。

140914

試験会場近くのニコライ大聖堂(正教会)。

140914-1

試験会場である駿河台記念館の入り口。

140914-2

試験室の様子。テーブルにスピーカー一台が置かれている。そこから聴解試験の音声が流れる。

140914-3

試験が終わったら、秋葉原で食事。HDDは安いか(2TBなら6千円)。

140914-4

秋葉原は歩行者天国になっていた。空は青かった。

140914-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation