140220-10.jpg

島津電気計測器株式会社製 アナログテスタ Shimadzu MT-200A が届いた。本体以外に、収納ケース(皮製)、取説(貴重な回路図有)、検査成績表(社内検査日 昭和 54年2月7日)、テストリードが付いている。

テスタを数十台集めてきたが、検査成績表を見たのが初めて。1台1台検査して出荷することは、いまでは考えられないと思う。レンジによって、フルスケールのみの検査もあれば、中間スケールを含めて(メータの線形性や、整流ダイオードの特性がこれでわかる)検査するのもある。抵抗レンジは中央値からのずれが検査対象。

140220-14.jpg140220-16.jpgメータの配置がふつうのと上下逆になっていて、ユニークだ。dBレンジがあることも変わりもの。レンジスイッチの切り替えは軽快そのもの、Sanwaと同レベル。

メータ窓はガラス、静電気による影響を受けないので高得点。JIS クラスA 規格をクリアしたようだ。dB目盛が入っていても、目盛全体は案外読みやすい。ただ、経年劣化だと思うが、メータのバランスは良くない。不良品にぎりぎり入る状態。つまり、縦にしてみると、針がゼロから1/60目盛以上にずれてしまう。

140220-18.jpg140220-17.jpg

内部づくりは横河電機の3201と似ている印象。電池は単一1本だし、プリント基板を裏返してスイッチの電極に転用している。なお、ヒューズは見当たらない。

Comments are closed.

Post Navigation