140220.jpg

よく知らないメーカー Silex社製 USB デバイスサーバ SX-DS-3000WAN。USBポートは2つ、直結できるUSBデバイスは2つまで。ハブ経由ならば、数を増やすことはできると思うが、まだ実験していない。

そして、本サーバはLANまたは無線(WLAN)経由で、パソコンや、無線LANルータと通信できる。という点がユニーク。

自分の想定した使い方は以下のとおり。

Microtelecom社SDR受信機 Perseus はUSB経由でPCから使うもの。しかし、Perseusを屋外のアンテナ直下に置き、室内のPCからPerseusを使うことができれば、使い勝手が断然よくなる。長いアンテナケーブルによる信号の減衰がなくなるだけでなく、どの部屋にいても、ノートPCが手元にあれば、Perseus経由で短波ラジオ放送(中波放送やFMはネット経由で十分だけど)やアマチュア無線受信を楽しむことができるから。

付属のマニュアルをみながら、ドライバやアプリをPCにインストールし、さらに、アプリの最新版をSilex社公式サイトからDLし、アップデートしたら、Perseusが難なく動いた。

140220-2.jpg140220-1.png140220-3.jpg残りの仕事は電源の一体化(本サーバ用電源アダプタとPerseus用自作電源が両方とも5V出力)、防水防塵ケースに入れること、24時間稼働ではなく、PCからの指令によって、上記の一体化した電源がon/offできることだ。

Comments are closed.

Post Navigation