注文して約1週間、やっと Relay OMRON G4W-2212P-US-TV5 24VDC (10A250VAC / 10A24VDC) が到着。年末年始休みとはいえ、1週間も経つと興味が薄れてしまうことはよくある。Amazonの当日お届けが自分のようなマニアに大変ありがたいが、送料が高いので今回はオムロン直販店での購入。

140107.jpg

さて、届いたオムロン製リレーと元の松下製 Matsushita JC2aD-DC24V (7A250VAC / 7A30VDC) との違いだが、足間の間隔や足そのものの太さはほぼ同じ。高さと奥行き(サイズの小さい方)も同じ。横幅は足に対して僅かに1mmずれている。幸い、A-750の実装では、奥行きのほうはコイルに挟まれているが、横幅は数mmずれても問題なし。

140108.jpg

コイルへ流す励起電流はオムロンが約半分で済んだようだ。リレー音もオムロンのほうが小さい。Made In China というのはいまのご時世ではしかたない。

140107-1.jpg早速取り替え作業を行い、LRchとも無事音出しすることを確認した。

140107-2.jpg

第1級陸上無線技術士の試験日までちょうど2週間。遊ぶ余裕はなくなっているが、A-750の改造は勿論つづく。すでに、A/AB級検知&切り替えスイッチ回路を外したし、A/AB級バイアス回路についてもこのうちA級専用にする。とにかく、数Wでもいいから、純A級アンプとして改造したい。

Comments are closed.

Post Navigation