昨日、図書館で、真空管ラジオの回路図を調べたが、2回路2接点のスイッチでバンド切り替えできるものは見つからなかった。本真空管ラジオは元々、製品ではなく、手作りキット品のようだ。当初の性能はどうだったかわからないが、AM感度が足りない理由はバンド切り替え回路にあったのかもしれない。

結局、自分の実力を考え、AM(正確にはMW)専用にした。バンド切り替えスイッチやSW用局部発振コイルが要らない分、配線は随分楽になった。

SWバンド付きの真空管ラジオはその気になればいくつでも手に入るし、短波専用の通信型真空管受信機に名機が多く、手にするきっかけにもなる。そういう考えもあって、躊躇なくSWを切り捨てた。

0.047uFのチューブラコンデンサは手元に無く、0.1uFで代用して、残りの配線を終了させた。アース処理は多少気がかりだが、試聴後検討する。

131229.jpg131229-1.jpg

真空管は4本が Elevam Electronic Co. (宮田製作所、現社名 エレバム)というメーカー製、検波管 12AV6 が Sun Vacuum-tube Manufacture Co. Ltd (サン真空管製作所)製。自分のよくわからないメーカーだし、トランスレスだと同一ブランドが良い(ヒーターの点火タイミンが同じ)といわれるので、有名ブランドの真空管一式をこのうち確保したい。

131229-2.jpg標準回路図と何度も繰り返し照合確認し、テスタでさらに導通チェックして、ダイアル糸掛けを行い、真空管を差込み、緊張してスイッチオン。電源は当然1:1絶縁トランス経由。

131229-5.jpg

パイロットランプが異常なく点灯し、間もなく整流管も点灯。ノイズがスピーカからほとんど聴こえない。ボリュームを最大にし、外付けアンテナを繋いだら、アナウンサーの音声が聴こえた。まだ調整はしていないが、感度が分解前よりも大分良くなった。NHKや、地元の栃木放送以外に、東京キー局も聴こえる。

では調整。まずはIFT。スペアナのTGから455kHzを中心に前後25kHzを出力させ、100pFコンデンサ経由でラジオのアンテナに入力。検波管 12AV6 の入力(ピン5か6)の信号をスペアナに入力させ、2つのIFT(上下計4箇所)を調整し、最も感度のよい形にした。その間、音声を聴くことはないので、ラジオのボリュームを最小にした。

131229-6.pngつぎは受信周波数合わせとトラッキングの調整だが、調整できるのがバリコンのトリマ2つとパディングコンデンサの3箇所しかないので、適当にやった。しかし、アンテナコイルが調整できないので、最適感度になっていない。高周波数側は感度が高い。

外付けアンテナがない状態では、NHK第一すら受信できない。ということで、外付けアンテナは必須。

Comments are closed.

Post Navigation