本ブログの記録によると、Sanwa N-401Fは約2年前に手にしたもの。メータのバランスが悪く、いつか調整すると考えていた。

仕事や受験勉強の一時休憩というつもりで、N-401Fを整備することにした。固定ネジを取り外したら、大変整備しやすいことに気づいた。電池とのリード線2本、メータとのリード線2本、計4本をコテで溶かせば、木製ケースも、メータも完全に分離できる。驚いた。

131227-6.jpg整備前のバランス。不良品。

131227-4.jpg2時間かけて根気よく調整してみた。まだパーフェクトではないが、水平の状態でも、立たせた状態でも、ゼロ調整はしなくて実用できる状態に戻した。内蔵の精密抵抗値は経年劣化によって多少誤差が出ているが、数%以内の誤差が問題なければ、実用的だ。

入手できるなら、もう一台欲しい。分解して惚れなおした。

131227-5.jpg

Comments are closed.

Post Navigation