ブログの記録によると、今年3月に手にしたものだが、入力端子がM型であること、当たりによってその入力端子が大きく左右に曲がっていて、修復後も信頼性に問題があったこと、等の理由で、M型をBNCに改造した。ホントの理由はただ弄りたいだけだが。

フロントパネルをまず分解。レンジを示すLEDはリモート用で、スタンドアロンでの使用では点かない。点くように改造したいが、今回はパス。

131225.jpgM型コネクタはアルミパネルと絶縁して取り付けられていた。フロントパネルとの絶縁に製造時に結構腐心したように見えた。正面では、M型コネクタの付け根に透明な絶縁リングが挟まれており、裏では、プリント基板のような片面が絶縁体、片面が金属のような板が、M型コネクタの固定ナットとの間に置いてあった。また、M型コネクタが回転しないよう、ナットとの隙間に大量の半田が流し込まれていた。

言葉による説明がわかりにくいが、残念ながら、上記の様子をよく分かる写真は取っていなかった。ちょっとだけ写った下の写真で想像して頂きたい。

131226.jpg

その結果、パネルからM型コネクタを取り外すには大変苦労した。数百Wの高熱量コテがないし、あったとしてもひとりでは作業が難しく、コテを持つ手、パネルを持つ手、ナットを回すレンチを持つ手が欲しかった。そこで思いついたのは、カッターでスズを削る作戦。柔らかいので、10分もあれば、綺麗に削リ取った。

131225-2.jpg手元にあった絶縁型BNCコネクタを付けることにした。

131225-3.jpg旧M型コネクタのところを紙で塞ぎ、改造完了。

131225-4.jpg

そして精度確認。発振器からの出力を二股にした。

131225-5.jpg10mVレンジでの10mVはOK。

131225-6.jpg

30mVレンジでの30mVもOK。

131225-7.jpg2ch間の指示誤差もほとんどなく、優れた製品といえよう。1ch単独の同社製品に比べて上限周波数が約半分の500kHzしかないが、ステレオアンプ等の2ch同時測定には便利な商品だと思う。とくに、2ch間の誤差がないところはグッド。

131225-9.jpg131225-a.jpg131225-b.jpg131225-c.jpg

Comments are closed.

Post Navigation