131222-10.jpg131222-11.jpg131222-12.jpg

製造メーカーやブランド名はいっさい見当たらないが、品質のよい大型エアバリコン。AMバンドとSWバンド対応。LCRメータで測ったら、二連等容量で、40/460pF。ただ、トランスレスラジオという仕様上、シャシーとの固定部分にゴム座が使われていたが、ボロボロになってしまった。振動を防ぐだけでなく、絶縁のために、バリコンを直接シャシーに取り付けることができなかったのだろう。

しかし、ゴムは経年劣化するもので、数十年先のことを考えるなら、そういう材質は使ってはいけないかも。今回ラジオをどう組み立てるか、バリコンの固定はまず解決すべき課題。

次のパーツはあまり見かけないパディングコンデンサ。半可変コンデンサだが、サイズが大きく、調整しやすい。容量の可変範囲は200~550pFとかなり広範囲。シャシーからでも調整できるところがグッド。

131222-13.jpg131222-14.jpg

Comments are closed.

Post Navigation