1週間かけて整備してきたSony TA-4650について測定した。プリアンプ部には興味がなく、メインアンプ部のみが測定対象。

<残留ノイズ>
メインアンプの入力をショートさせて、出力であるスピーカ端子に6Ωダミー抵抗器を繋ぎ、そのダミー抵抗器両端の電圧をAC電圧計で測った。

測定結果は、Lchが0.06mV, Rchが0.05mV だった。真空管アンプでない本機に測定自体は無意味かもしれない。

<周波数特性>
オシロの内蔵正弦波信号をメインアンプの入力に与え、出力であるスピーカ端子に6Ωダミー抵抗器を繋ぎ、そのダミー抵抗器両端の電圧が2.45Vrms(入力周波数1kHz時)になるように、入力信号のレベルを調整した。

つぎに、入力信号の周波数を1Hzから500kHzまで変化させて、その間の1, 2, 5, 7 (たとえば、10, 20, 50, 70や、1k, 2k, 50k, 70k)のところの出力電圧を記録した。なお、出力電圧の値はオシロのAC RMS表示による。

Rchに対して、上述した測定を行い、その結果は下記に示す。

131123.png英語版取説によると、メインアンプ部の周波数特性は1W出力において、2Hz~100kHz (+0~-2dB) となっていた。測定結果はそれを裏付けている。また、方形波100Hz, 1kH, 10kHに対するレスポンスは以下の通り。

131123-1.png131123-2.png131123-3.pngなお、入力の160mVppに対して、出力が2.63Vppになっていることから、メインアンプ部の増幅率は約16.4倍と結論づけられる。その値は、NFループの抵抗比 R312 (=R362=56kΩ)/ R306 (=R356=3.3kΩ)=17とほぼ一致する。

Lchの周波数特性は以下の通り。Rchとほとんど変わらなかった。

131123-5.png本日土曜の午後、それなりの大音量で3時間以上聴いた。気持ちいい。昨年の今頃はLo-D HA-500Fと格闘していた。来年の今頃に3台目のVFET機が来るか。欲しいのはヤマハB1~B3だけど。

Comments are closed.

Post Navigation