個人所有のなかで、最も高価な計測器。踏んばって新品購入したもの。100MHzだと高いので、短波をカバーする40MHzにした。

一度だけ故障した。製造メーカーのケンウッドに修理をお願いしたものの、何か月が経っても修理完了の連絡がなかった。問い合わせたら、預かっているのを忘れたみたいなことだった。その後、急いで治してもらったけど。

長い間眠らせていたが、再び活躍してもらおう。時代はデジタルになり、出番はあまりないかもしれない。

そういえば、知り合いにスペクトラムアナライザはないか、と聞いたら、役に立つか分からないが、FFTのできるデジタルオシロならあるとの返事。時間軸で観察するのがオシロとすれば、周波数軸で見るのがFFT。何もないよりはあったほうがいいので、借りてこよう。

そのまえに、勉強しておかないとね。

110518-4.jpg

Comments are closed.

Post Navigation