サービスマニュアルをネットからゲット。日本語版は見当たらないのが残念。

Sony V-FET Amplifier Service Manual Download –>  sony-TA4650-ServiceManual.pdf

それに従って、調整をやってみた。3箇所のみなので、すぐに終わったが。

まずは電源部の出力電圧。20Vとの指示だが、精確に合っていて、確認のみに留まった。

131114.jpgつぎはメインアンプ部のバイアス電圧調整。Lchは75mVからズレているので、75mVに調整。ぴったし設定しても動いてしまうので、適当でよし。

131114-1.jpgしかし、Rchは調整不能。ゼロのままだ。どこか故障しているかもしれない。

131114-2.jpgスピーカ端子のオフセットを再度測ってみたら、ゼロから大きくズレていない。スピーカを繋ぐのが面倒なので、入力AUX1にPCから音楽を与えて、スピーカの代わりにヘッドホンで聴くことにした。

Rchのボリュームガリが多少大きい気がする。BASS、TREBLEの調整はとくに問題ない。

ということで、メインアンプのRchを何とかしないといけない。

Comments are closed.

Post Navigation