131101.png

本日の手帳にしっかりと受験申込日と記入されている。迷うことなく、早速受験の申込を済ませた。受験料は13,950円。高いと思いつつも、郵便局に行って本日払い込んでくる。試験はセンター試験直後の2日間で、4科目。平日の仕事を休むうえ、往復交通費+宿泊費をさらに負担しないといけない。

自分にとってこの試験も完全に趣味、というか、自己満足。1発で合格すればまたホラ吹きするつもりだけど。

ただ、電波傍受がアメリカも認めたように、無線関係の知識や能力がいつか役に立つかもしれない。それを自分のモチベーションとしつつ、4科目の受験に向けて一生懸命勉強する。

合格すれば、つぎの目標は第一級総合無線通信士。一通一技を取って、無線の頂点を極めたい。

Comments are closed.

Post Navigation