どうせゴミなら、F100のほうがいいと言ったところ、速くも送られてきた。

131031.jpg131031-1.jpg131031-2.jpg

残念ながら、所詮ゴミなので、バッテリーホルダーMS-12は欠品。新品でも売っているが、ゴミに千円出す価値はあるか、悩むところ。取り敢えず、ジャンパ線をバッテリー室の奥に繋いで、外付け電源から6Vを与えたら、動くことが分かった。マイナス電極は1箇所。プラス電極は2箇所、本体用とファインダー用。

専用のモード設定ダイアルがなく、少し戸惑った。慣れると問題なさそう。噂通り、シャッターの音色が美しい。全体的に多少の傷がついていて、バッテリー室に腐食跡がみられたが、大事に使ってあげたい。

<追加>
 遊んでいるうちに、電池マークが点滅するようになり、シャッターが押せなくなった。理由は分からないが、電気系統が故障しているかも。バッテリーホルダーが外されたことも、それとの関連か。様子をみて、返品するかな。縁がない。フィルムカメラに関し、唯一の心残りであるF100との対面がこんな形で終わるのは想定外。

Comments are closed.

Post Navigation