秋が深まり、真空管の暖かさに魅力を感じる季節になってきた。懸案のコリンズリペアをじっくり時間をかけてチャレンジしてみたい。

入手してから、真空管1本の交換、外付けステップ電源の用意等、いくつかのことをやってきたが、ハム音がまだ酷く、聴きに耐えられない。取り敢えず、電源部のブロックコンをなんとかしないと先に進めない気がしている。

Collins 75S-3の電源部に、アイテムC59、40uF (-10%~+40%)、150Vdc、3本組の整流平滑用ブロック電解コンデンサが使われている。eBayを覗いたら、新品として調達できそうだが、高価だけでなく、日にちもかかるので、アキバの千石から、東信工業製 47uF/250 3本をネット通販で購入してきた。

東信工業
電解コンデンサ 250V 47uF (TK-UTWHM.pdf)
105℃・中高圧品(有極性)
カテゴリ温度範囲:-40~+105℃
容量許容差(120Hz):±20%
耐久性(105℃・定格電圧印加):2000時間
外寸:φ12.5×25mm
単価 ¥63

131030-3.jpg容量100uF以上、耐圧400V以上のものもあるが、コリンズのブロックコンを取り外すのは難しく、リード線を新しいケミコンに繋ぎ直したほうが手っ取り早く、そのために、小型ものがいいと判断したから。

しかし、コリンズの半田付けは製品というよりも、素人作品以下。銘品というければ、それを見ただけで幻滅するのは自分だけかな。ケミコンは最初にやられ、十数年で交換することはわかっているはずなのに。

表は整然と綺麗に配列したとしても、なんとか裏まですっきりして欲しかった。

131030-4.jpg

Comments are closed.

Post Navigation