131030-1.jpg

防湿庫から、また1台が出てきた。とっくの昔に処分したはずなのに、不死身のように防湿庫の奥に眠っている。2CR5というバッテリーを使っているが、すでにバッテリー切れ。ジャンパー線で6V電圧を加えたら、まだ生きていることが分かった。

この機種は完璧にゴミ扱いになっている。バッテリーのほうが高価、あるいは、フィルムのほうが高価という現実を直視すれば、分解して、パーツ取りにしたほうが良さそう。名門のミノルタはカメラ部門をすでにソニーに売却済、オートフォーカスの技術を実用化したのに、デジカメの波に淘汰された。

28~105mmズームレンズとの組み合わせで、写真を撮るにはそれほど問題があるわけではないが、操作性が悪く、自分にとっても使う予定がない。

可哀想。。。

Comments are closed.

Post Navigation