電子工作、オーディオ、無線、色々なことを同時にやると、部屋がひとつじゃとても足りない。仕方なく、ホームセンターから棚を買ってきて、無線機をPCディスプレイの上に載せた。手を高く伸ばさないといけず、操作性がよくないが、我慢できないほどでもない。

棚の一番したには、本来手前にも鉄製フレーム1本、板1枚という構造にすべきだった。ただ、そうすると、使える机のスペースが大幅に減り、仕事ができなくなる。

PCから、Perseusでバンドの様子を見ながら、FTDX3000をコントロールする。そういう使い方であれば、手を上に伸ばす必要がなく、さらに聴きたい周波数をPerseusからFTDX3000コピーすれば、慣れると案外使いやすい。

131026.jpg 131026-1.jpg 131026-2.jpg

Yaesu FTDX3000以外はすべて受信機。AMを聴くのはAOR AR7030(FTDX3000はAMモードの帯域幅が固定されているため、AMがおまけという位置づけ)、CWを聴くのはJRC NRD-525、バンドを見るのはPerseus。天井板にあるYaesu FRG-7、Kenwood R-1000、Icom IC-R75は飾り物、置き場所に困ったので。

ほかには、Collins 75S-3も手元にあり、使えるように整備したい。Yaesu FRG-7700、FRG-8800は置く場所の問題もあり、このうち売り飛ばされる運命。

余裕ができたら、NRD-525をグレードアップするかもしれないが、当面は現状の維持を優先するつもり。僅か半年でここまで揃ったので、文句はいえない。

Comments are closed.

Post Navigation