PCを無線に持ち込むのに違和感を感じる人がいるだろう。なぜなら、インターネットを使うなら、無線の存在意義がほとんどないから。しかし、数十年前の大型コンピュータを遥かに凌いだPCが身近にあるのに、活用しないのはもったいない。

CWの自動送信をやってみた。CWの受信に関しては、まだ人間のほうが勝っているところはあろうが、送信に関してはPCの圧勝だろう。尤も、アマチュア無線は趣味なので、勝ち負けというよりも、自己満足であればそれでよく、PCを必ずしも使う必要はない。

PC側の送信ソフトは沢山あるが、今回DigitalSoundCW(以下DSCWと略す)を選んた。

リグFTDX3000とPC以外に、必要なものはUSBケーブル(A-Bタイプ、100円ショップでも販売中)1本だけ。ほかのインターフェースやハードウェアは必要ない。

131023-5.jpg①ソフト DSCW をネットからダウンロード、PCにインストール。

②FTDX3000用USBドライバ(正式名称:FTDX3000 仮想COMポートドライバー)を http://www.yaesu-wdxc.com/ol/ftdx3000/index.aspx からダウンロードしてPCにインストール。

③USBケーブルをFTDX3000のリアパネルとPCに差し込み、PC上のデバイスマネージャを開き、Standard COM ポート番号を確認。自分の場合は4番。

131023-6.png④ソフトDSCWを立ち上げ、メニュー「初期設定」を行う。COM設定は上記③のStandard COM Port番号、Key Control 設定は RTSでもDTRでもOK(FTDX3000をこちらに合わせることができるから)。

131023-7.jpg131023-8.jpgこれらの設定はDSCWのTX Cont. (ツッコミ:ContとはConditionの略か?)からも確認できる。

131023-9.png⑤FTDX3000側の設定変更を行う。
 メニュー 065 MODE CW PC KEYING RTS をソフトDSCWに合わせる(今回の場合はRTS)。

⑥ソフトDSCWにTX> 窓に入力すれば、その瞬間モールスが送信される。

131023-a.pngということで、USBケーブル一本だけでCWの自動送受信ができてしまうのがFTDX3000の魅力というわけだ。

Comments are closed.

Post Navigation