中国Rigol社製スペアナ DSA815を使っている。よくある考えとして、そのFirmwareの更新はいつも気になっている。でも、英語の情報を調べても、肝心のアップデートファイルは見つからなかった。

先日試しにネット経由でRigol Technologies USAに問い合わせてみた。個人情報を登録の上、製品のシリアルナンバー、製品のファームウェア番号を知らせた。直後の自動返信では間もなく連絡するとのこと。

あまり期待していないが、朝起きてメールボックスを覗いたら、Rigol USAのエンジニアらしき人物から、アップデートファイルとドキュメントが添付ファイルの形で送られてきた。

メールの内容を信用していいかどうかを決めるのに、いくつかのことを調べた。
1. 送信者氏名
2. 送信者メルアド
3. 送信者とRigol USAとの関連
4. 送信者とDSA815との関連

131015.jpgその結果、サイトwww.edn.comから該当人物の写真を発見。記事の紹介ではRigol’s technical team membersとのこと。

ということで、メールの内容を信用して良さそう。添付ファイルを慎重に解凍し、中身を確認。

.doc ファイルによるバージョン説明(ファイル日付2013.6.26)
DSA800_UpdateFile.RENAME(ファイル日付2013.5.16)

.docファイルは英語交じりの中国語、内部公開という類の社内文書。

さて、更新マニュアルに従って、スペアナの更新に着手。下手にすると動かなくなるので、慎重さが必要。

<更新手順>
1. PC上、アップデートファイルの拡張子 RENAME を SYS に変える。
2. USBメモリにアップデートファイルをコピー。
3. USBメモリをスペアナ DSA815に差し込み、Storageボタンを押す。
4. アップデートファイルを見つけ出し、Storageメニューの3枚目 Sys Update を実行。
5. 数分間でアップデートが完了。
6. スペアナの電源を入れ直す。

以上で更新作業が終了。念のため、スペアナのソフトバーションをリストアップして確認。

131015-1.bmpファームウェアは確かに00.01.06から 00.01.07に更新された。

ファームウェアアップデートファイルの入手をここまで難しくした理由は何だろう。

Comments are closed.

Post Navigation