やはり自分はラジオ少年だと改めて思った。GC-1Aの傍にラジオを聴きながら、オシロで波形を観たり、トランジスタを取り替えたり(差込式のメリット)、バイアスを変えたり、パーツを変えたりして、こんな「退屈」の繰り返す日々(この1週間はGC-1Aに付き合いっぱなし)でもまだ厭きないから。

トランジスタを大量にストックしたから、困らないことはないだろうという幻想はこのGC-1Aで見事に破られた。PNP型高周波用ゲルマニウムトランジスタはほとんどもっていないし、あったとしても、日本産はほとんどがECBのような配列、真ん中にB(ベース)ではない。対して、アメリカ産(というか外国産)は中央がB。差し替え式では、向きはどうでもいいが、真ん中が違うと足の電極をクローズさせないといけないので面倒。

さて、改造項目は大きくわけて3つ。

1. シリコンPNPトランジスタが使えるようにした。

高周波で使われる3つのTrにはまだ未着手だが、IF以降のTr 5個(電力増幅段の2個については後述)に対しては、差込み式なので、シリコンPNPでも使えるようにした。BE間電圧Vbeを大きくして、バイアス電流をそのまま、という点に注意しながら、バイアス設定抵抗に別の抵抗を並列させて、TrのB極電圧を GNDに対して0.4Vほど低くした。なお、各Trの標準電極電圧はつぎの表のとおり、組立てマニュアルに明記されていた。

60年代前半に、1N2326や1N754がすでに製造されていた。

シリコンPNPは製造が新しいため、一般的に性能は飛躍的にあがったし、1つ数円のTrはまだまだ多く市販されているので、コスパもよい。

EBC配列の外国製Trのうち、今回はS9015が最も良かった。IFといっても高々455kHz、いまの小信号増幅用Trならどれでも無問題。S1905は低ノイズか、hfeが300と高いか、他の2N3906、BC557を圧倒した。

バイアスを変えたので、元のゲルマでは動作点が変わったが、バイアス電流の増加分は数mA程度、全体の消費電流があがるが、音質等の性能にはほぼ無関係だと聴覚上認知した。

2. 電力増幅段の改造

OTL(Output Transformer Less)設計になっているのはいいことだが、入力トランスがあるため、1kHz辺りから減衰しはじめ、通信機仕様になっている。しかも、熱暴走を防ぐため、エミット抵抗は4.7Ωと大きく、出力トランスがないため、ローインピーダンス(4Ω、8Ω等)のスピーカーを鳴らすには効率がとても悪い。

外付けスピーカー(アンプ付き)をAF励振段の出力(入力トランスの一次側)に繋いで聴いたら、ふつうのラジオ音声(音質も音量も)が聴こえたので、電力増幅段をミニアンプに改造することを決心。

そこで、aitendoさんからLM386組立キットを購入。収納スペースがあまりないため、高さをなるべく低くした。ただ、ゲルマラジオはGNDの電位が高いため、VcをシャーシのGNDに、LM386のGNDをシャーシの-13Vに接続しないといけない。NPNトランジスタならそんな混乱は避けられる。世の中でNPNが大繁盛の理由はそんなところにも関係するのだ。

LM386ミニキット。4.7Ωのところが4.7kΩになっているのがキットのミス。自分で回路図を書いたところでそのミスに気づいた。写真の抵抗はまだ4.7kΩのままだが。C3の10μFをその後基板から取り外した。最終版の写真については下のつぎの写真を参照されたい。

ということで、もとの電力増幅回路は外付けイヤホンのために残し、内蔵スピーカーを鳴らすにはこのLM386モジュールを利用する。

また、AF励振段のバイアスを再度設定。Trのベースに繋ぐ抵抗2つをともに10kΩにした。これで、Vbが電源電圧の約1/2になり、歪みなくミニアンプに送り込むAF信号の最大振幅も約1/2Vccになる。エミッタ抵抗を従来のバイアス電流1.9mAに近くになるよう、手持ちにあった2.2kΩにした。

最終的に、LM386モジュールをキャビネット内部の上部(スピーカーの隣)に設置。ACアダプターとの干渉もない。シャーシとの接続は電源コネクターとAF入力コネクターの2つになるところがちょっと残念、4ピン(または3ピン)コネクター1つで済ませたかった。

LM386モジュールをスピーカーの隣に配置。断線した4×6インチ楕円スピーカーを4インチ丸形に変えたことのメリット。
ACアダプターをキャビネットに実装して、LM386モジュールとの干渉を確認した。
L型DC中間アダプターは年数の経過によって重力で90度回転して下に向くかもしれないが、外れる可能性はなさそう。

3. パイロットランプのLED化

60年代と違い、省エネのLEDは数多く市販されている。そのうち、6V対応の電球色がいいだろう。本機のACアダプターは流せる電流が少ないので、定格電流の少ないLEDを選ぶことが重要。

もとの豆電球は#49というアメリカ国内の規格で、2V/0.06Aのようだ(要確認)。豆電球は左右2つあり、抵抗器経由で直列接続されていた。したがって、電流制限の抵抗器を短絡させて、新しいLEDを2つ直列接続するようにすればよい。

常時点灯させるには、Dial Light スイッチをパスすればよい。従来のやり方を踏襲するならば、スイッチをいじる必要はない。

なお、ACアダプターと接続するパワーソケットは5番が6番と繋いでいるので、そのまま使うとLED点灯時にラジオは聴けない。よって、ACアダプター側の受け取る側ソケットのうち、5番と6番のショートを切ってしまおう。

夏の夜に、ラジオ放送を聴くのは楽しみ

スピーカーによるラジオ放送がふつうに聴こえるので、シャーシをキャビネットにしまうことがやっとできるようになった。届いてからまだ一度も組立てていなかったので、ACアダプターは最後に取り付けることを理解した。裏面ではネジ2本はオリジナルではなく、3端子レギュレター基板を固定するためにネジだから。元のネジ2本は短い。

ACアダプターのデカさがよくわかる。
Muting端子に-13Vがそのまま出ている。周りのGNDとショートさせると電源アダプターは壊れる?

改めてスピーカーに近づいて聴いたら、ハム音がわずかに聴こえた。-13VラインをLM386のGNDとして使えているからかな。

ネット情報に従い、100μFであったパスコンを1000uFに増量し、LM386の7ピンに10μFのパスコンを追加してみたが、気持ち的にハム音が若干弱くなった気がした。ただ完全に消えたわけではなく、+12V電源を別途作ることが最強対策かもしれない。ラジオなので、ノイズがあったほうが正常という論理も成り立つので気にしないことにした。

本機は通信型受信機といっても、バンドスプレッドという精密チューニング機構があり、BFOありぐらいの違うだけだ。しかし、ユーザが組み立てるキットという発想は当時の日本ではなかったと思うし、商品と見間違えるほどのキャビネットまでキットのパーツとして提供した意気込みは流石のアメリカだ。

精密なチューニング機構。50年以上たった今でも大変スムーズ、人差し指1本でダイアルを回せるので、感触が最高。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation