昨日は出勤、明日からは仕事が忙しくなるので、本日市内の無線ショップ(1店舗か2店舗しか生き残っていないが)に行って実物を見てみようと考えている。

ネットから販売中のアマチュア無線機をひと通り調べた。

<Kenwood>
 技術の高さで当時は有名だったが、いまは力を注いでいない。やる気が無い。産業再生法を2002年に一旦申請。
TS-990S (200W) 76万
TS-590S (100W) 22万 いかにも古いタイプ

<Icom>
 アマチュア無線専業に近いメーカー。受信機 IC-R75を持っているが、評価は微妙。
IC-7800 (200W) 100万
IC-7700 (200W) 70万
IC-7600 (100W) 40万

<Yeasu>
 昔の八重洲受信機を3台持っているが、年代を追うごとに質が低下している。いまのヤエスが当時とのつながりがどれぐらいあるかは、よくわからないが、アマチュア無線機に関しては、目下、最も活気のあるメーカーかもしれない。
FTDX9000D (200W) 105万
FTDX5000D (200W) 65万
FTDX3000D (100W) 34万
FT-2000D (200W) 39万
FTDX1200 (100W) 24万

50万以上の出費は難しいし、かといって、20万以下では満足しない。IC-7600かFTDX3000Dに絞るしか、選択肢が無さそう。

ただ、IC-7600は2009年1月の発売、約5年も昔の機種。25万で買えるなら、FTDX3000Dでいいかな。

また、折角なので、PCとの相性についても吟味したい。CWの自動受信・送信を考えているから。

Comments are closed.

Post Navigation