ペーパーコンデンサの5つを全数交換。オイルコやンデンサを交換するつもりだったが、測定したところとくに異常はなく、まだまだ使えそう。

焦げた抵抗器 1.5kΩ をひとつ発見。測定したところ、抵抗値に異常はないものの、やはり交換した。

ボロボロリード線は使われなくなった。リード線の質に気づいたのかもしれない。ただし、アンテナ線はとても短いので、念のため交換した。

小さいシャーシではあるが、コンデンサや抵抗器の交換は以外にやりやすかった。

交換した部品。オイルコンデンサ2つは良好で、交換の必要性はなかった

また、内部がほぼ透明(ゲッタがない)になった真空管 35W4。一応手持ち品で交換。

整流管 35W4。ゲッタが消えている。

いよいよ通電。絶縁トランスと60W電球による保護回路に繋いでスイッチON。異常はなく、NHK第一放送は間もなく聴こえた。ただ、感度はよくなく、音質もいまいち。整流管の問題かもしれない。

さらに大きな問題が発覚。2つあるスピーカーのうち、片方は音がせず、コイル断線しているようだ。リード線の部分が腐食で断線していればいいが、コイル内部だと修理することは諦めざるを得ない。アウトトランスの乗せる側なので、同じ規格のスピーカーを探すことはほぼ不可能。

片側のスピーカーが断線している。しかもアウトトランスの乗せる方で、同じものを探すことはほぼ絶望。

アウトトランスを下ろして、キャビネットのどこかに固定し、2つのスピーカーをほかの同サイズのものに置き換える。こちらが現実的解決法かもしれない。

さて、手持ちの10cmスピーカーを入れてみた。サイズや形、インピーダンス、最大入力パワー、オリジナルと同等品を探すのは大変。手持ちは8Ω5W、理想とする3Ω1.5Wではないが、加工しなくて入るだけでも感謝しなくちゃ。

手持ちの4インチスピーカーで代用。加工しなくて入った。ラッキー。

アウトトランスをキャビネットの中に斜め設置する。アウトトランスを降ろさなくても、奥のイヤフォンコネクタを外せるようにしたい(スピーカーの右下1角のネジで固定されている)し、半田付けに困ってはいけないこと等から、斜めがよさげ。なお、アウトトランスを固定する金具はコイルと導通していないので、改造によって増設した底の固定ネジを触っても感電することはないはず。

片側のスピーカーに乗せたアウトトランスをキャビネットに斜めに設置
できたのがこれ。いつか、両方のスピーカーを同一製品に揃えたい。

短波はともかく、AMの感度はいまいち。この内調整する予定。また、音質もいまいち。なので、抵抗器についても調べてみた。抵抗器の両端の抵抗値が表記された値よりも大きくなるはずはない。並列抵抗器によって抵抗値は小さい方向になるから。

これで、3つの怪しい抵抗器を見つけた。

表記4.7MΩ、実測約7.4MΩ。
表記470kΩ、実測約600kΩ。
表記270kΩ、実測約411kΩ。

抵抗値が大きくずれた抵抗器も3つほど存在。

真空管ラジオはいい加減なものでもたいていは動くが、気持ち的に不安なので、交換した。音質もなんとなく良くなった気がする。小さいスピーカーのせいなのか、まだ満足の行っているレベルではないが。

4連休も本日で終了。感度調整や音質改善等の課題は残っているものの、聴くにはとくに問題はない。仮組立てておこう。

その前にシャーシの裏を撮影しておく。

コンデンサや抵抗器を交換したシャーシ裏
シャーシをキャビネットに組み込んだ

シャーシを固定する底ネジを取り出して使ったら、そのてっぺんがプラスチック製であることに気づいた。トランスレスゆえの感電防止策だね。いわゆるユリヤネジ。暇を見て、アウトトランスの固定ネジもユリヤネジに取り替えよう。手で触れるところはすべてプラスチック、松下の拘りに同調する。

ユリヤネジで感電防止

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation