無線工学Aの過去問を解き、分らないところをネットで調べるという方法で勉強している。注文した参考書がなかなか入荷しない。趣味で資格を取ろうとしているので、どうしても現場の知識が乏しい。

ILS、計器着陸装置。航空機の安全着陸を誘導する装置。

130828-3.gif

横のズレを知らせるのはローカライザ(Localizer)。飛行機から見ると、滑走路の右側は150Hz、左側は90Hz、約100MHzで変調。右手が力あり、周波数が高いと覚えるといいかも。

130828-2.gif

縦のズレを知らせるのはグライドスロープ(Glideslope)。上側が90Hz、下側が150Hz、搬送波300MHz。下は滑走路で、ぶつかると直ちに重大事故になるから、リスクが高い→高い周波数を使ったと覚えよう。

さらに、滑走路までの距離を知らせるマーカ・ビーコンというのもある。

130828-4.gif

フライトシミュレーションソフトを探してきて理解したい。

Comments are closed.

Post Navigation