暇な時間が多少増えそう、折角仕入れた電波時計モジュールがゴミになるのがもったいない、昨年からPICの開発環境が大きく変わった、電子工作が最近していない、という4つの理由から、電波時計をつくってみたい。

基本モジュールはAitendoから仕入れたもの。受信感度を期待していたが、手持ちの電波腕時計と同程度だったのが残念。つまり、PCの隣に置いては受信できない。外付け受信アンテナを利用するなり、それなりの工夫が必要。

LCDに20文字x4行、バックライト付きのものを使う予定。消費電流が大きいので、定電圧電源を内蔵する。

表示時間は日本時間(東京時間)は勿論のこと、ロンドン時間、ニューヨーク時間も計算で出す予定。サマータイムの自動切換が必須。

開発環境として以下を想定。
OS:Windows 7 / 64bit
MPLAB X IDE Ver 1.85
Cコンパイラ XC8 Ver 1.20
PICkit2

使用するPICは手持ちのPIC16F88。浮動小数点は使わないので、プログラム容量は問題なさそう。

考えたLCD表示は以下のとおり。20文字/行の制限で、分かりにくいところがあるかもしれない。

1行目。和暦年、西暦年月日、曜日。
2行目 東京時間。UTCとのズレ、地名、時間。
3行目 ロンドン時間。サマータイム表示(*)、UTCとのズレ、地名、月日時。
4行目 ニューヨーク時間。サマータイム表示(*)、UTCとのズレ、地名、月日時。

130725.png

Comments are closed.

Post Navigation