トランスレス真空管ラジオでは商用交流100Vはそのままシャーシにくることが多く、感電の恐れはある。100Vと低いので、死ぬことはないかもしれないが、ビビることに快感を覚える人は変態以外はいないはず。海外のような220Vの国では、感電死事故はよく聞く。

ということで、絶縁トランスを用意した。といっても、何年も昔に手に入れたもので、ガラクタから取り出しただけだが。

1次側かな。AC 0.8Aとの記述あり。
2次側かな。100V~240Vまで対応。

片方はタップとして 0, 100V, Eがあり、もう片方は 0, 100V, 115V, 200V, 220V, 240V。どれが1次側なのか、よくわかりないが、日本ではふつうの家庭は100Vなので、0-100Vを1次側とした。海外仕様(中国製等)の機器では220Vを使うことが多く、反対側を2次側とした。

1次側と2次側は絶縁されていることを、テスターで確認できる。1次側の直流抵抗は約7Ω、2次側は約4.6Ω。2次側は太い巻線かも。1次側の表記から、定格容量は80Wかもしれないが、真空管ラジオに十分。

はんだ付けして終了。トランスに触って感電することのないよう、プラスチック袋にいれておく。

安全のため、袋にいれた。

実際に無負荷の状態で測ってみた。1次側は104V、2次側は約95Vと出た。商用電源の電圧変動範囲は101V±6Vのようで、下限ぎりぎりのところだ。

2次側の無負荷電圧は95V。若干低い。

これでたいぶ安心してトランスレスラジオの整備に没頭できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation