いままでもっぱら自作の周波数カウンターを使ってきた。が、FRG-8800の調整では10MHzを超えた周波数を高精度に測定しないといけないので、やっとTR5821を取り出して使うようになった。この2年間、ジャンク類の測定器は多く購入したが、まだまだ自作品に愛着を感じるし、自作品の仕組みがよくわかっているので安心する。

さて、校正というと、感度の調整、トリガレベルの調整、基準周波数の調整、いくつもあるが、TR5821を使って不満なのは基準周波数のズレだけなので、今回はその調整をやることにした。

やり方は簡単。GPS標準周波数をInput Aに与え、リア・パネルにあるトリマを回すだけでOK。Gate timeを10秒モードにすれば、9桁表示(1×10-8)まで校正できる。

ただ、精確に校正したと喜んでも、数十分間経てばまたずれてくる。内蔵基準周波数がショボイだから、どうしょうもない。どうしても精確性を確保したいなら、外部基準入力にGPS基準器を与えれば完璧。つまり、GPSを基準周波数として使えばOK。

130707-2.jpg 130707-3.jpg130707-4.jpg

Comments are closed.

Post Navigation