コロナ禍中、在宅勤務のために高価なデジカメはなんとか活用できないか、模索していたが、結局無用の長物だということがわかった。Webカメラにすらなれない。Canonさんが大失敗に気づいてソフトを出したが、Nikonさんはソフト作成の技術力はなく、沈黙のまま今日まできている。情けない。

動画撮影のために、外付けのバッテリーでも手に入れてみようかと考えていたところ、ネット上、「Nikon パワーコネクター EP-5B」という商品を発見。売値は約2千円、いわゆるダミーバッテリーというもの。手持ちのD750、D7200に対応。問題はそれだけでは充電できず、さらにACアダプターを購入しないといけない。そのコネクターもNikon独自仕様のようで、加工しないと市販のACアダプターにつけられないようだ。

自分としてはモバイルバッテリーやACアダプターをつけて使いたいだけ。そのために高価なNikon製パワーバッテリーパックやACアダプターをさらに購入するのも躊躇するもの。

改めて、AliExpressで似た商品を探したら、標準DCプラグ 5.5mm/2.1mm付きを発見。売値12.23ドル(約1300円、送料無料)。単体としての売値は大した魅力を感じないが、その先の電源とあわせて考えるとついAliExpressに手を出してしまう。

5月2日の注文、やっと本日到着、約一ヶ月の長旅。

では、本物のバッテリーEN-EL15と比較してみる。左はEN-EL15、右はダミーバッテリー。

カメラと繋ぐ部分(上の写真)は最も気になるところだが、かなり本物に似た作り方。よく研究された商品かもしれない。

そしてカメラにセット。ケーブルをカメラバッテリー室の脇(ゴムカバー)を通って外に出す。装着時の違和感はとくに感じなかった。

そして、手持ちのモバイルバッテリーを電圧約8Vにセットし、DCプラグを差し込み、動作確認を行う。

問題はなく、ひと安心。リチウムイオン電池は公称電圧が3.7Vだが、充電時の最高電圧は4.2Vまで可能。恐らく本物のバッテリーにリチウムイオン電池が2本内蔵されているので、最高電圧8.4V、公称電圧7.4Vになると推測する。なお、本物のバッテリーには7.0V、1.90Ahと書いてある。

いまになって、高価な一眼レフも時代遅れになったが、外部電圧を8V前後を超えないように気を使う。カメラを壊したらもったいない。

ACアダプターを自作するが、それも8Vの電圧出力が目安。こんな電圧のACアダプターは市販されていないはず。自作か改造が必要だろう。

これで動画撮影はSDカードの容量があるかぎり、何時間でもOK。外出自粛はそろそろ終わったいま、大活躍の時はまた来るのだろうか。

バッテリーは消耗品、いずれ販売することもなくなる。しかし、このダミーバッテリーがあれば、そんな心配は無用。もう一台のために、もうひとつ注文したい。2つもあれば生きている間は安心できそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation