試験まで1ヶ月半しかない。Amazonから問題集を購入して、いよいよ受験勉強をスタートした。この問題集1冊とネット情報で合格するか、もう少しで結果がわかる。

問題集は前半が無線工学、後半が法規、約270ページ。問題、正解、一部の問題については解説という構成。付録として重要公式集、無線通信規則、モールス符号がついている。

無線工学の内容として、電気物理、電気回路、半導体素子及び電子管、電子回路、送信機、受信機、電源、空中線および給電線、電波の伝わり方、測定。法規の内容として、無線局の免許、無線設備、無線従事者、無線局の運用、業務書類、監督、電波利用料、罰則、通信憲章・無線通信規則が取り上げられている。

大学時代の勉強や電子工作で得た知識を思い出しながら、取りかかっていく。19の内容を、3日で2つ、という配分でないと間に合わない。最後の週になると、今までの試験問題を毎日解く作業に集中しないといけない。大好きな電子工作や無線いじりを暫く放置。そのかわりに、勉強内容をブログに載せるかもしれない。

130703-1.jpg

Comments are closed.

Post Navigation