Yaesu FRG-7にIFフィルタを増設したいので、切り替え回路を考えないといけなくなった。

切り替え方式は3つあろう。

1.スイッチによるダイレクト切り替え方式
 スイッチの接触不良や、長いリード線によるノイズの増加が心配だが、回路は最も簡単、スイッチとフィルタとの間を配線するだけで済む。

2.機械式リレーによる切り替え方式
 リレーにも寿命はあるものの、スイッチに比べて圧倒的に故障の心配は少ない。フィルタの近くにリレーを配置すれば、ノイズの増加は無視できるレベル。問題は駆動用電流10数mAが余分に必要。

3.JFETによる電子的切り替え
 寿命や故障の心配はほとんどなく、電流もほとんど必要としない。問題は高周波に弱いこと。今回は455kHzなので、やりやすい周波数。それと、手持ちのJFETは 2SJ103しかなく、うまくいくか、実験して確かめたい。

130613.png上記の回路は2チャネル分必要。12Vを与えればフィルタが機能するはず。

Comments are closed.

Post Navigation