IFクリスタル・フィルタと一緒に、このキャリア基板も手にした。大きなクリスタル3つは立派。基板型番 X50-0009-00で検索したら、無線機 Kenwood TS-520用とのこと。当面使う道はないが、動作確認だけでもしてみた。

回路図(型番が微妙に違うが、ほぼ同一品と理解した)によると、電源電圧9VをBSに与え、LSB/USB/CWT/CWRモードを切り替えれば、OUT端子からキャリア信号が出てくるらしい。

130606-3.jpg 130606-4.jpg 130606-5.jpg 130606-2.png

そこで、電源電圧もモード切換電圧も9Vにして繋いたところ、難なく発振した。トリマによる周波数の微調整も確認できた。将来、無線機の自作に活躍できるかもしれない。

130606-7.jpg130606-8.jpg130606-6.jpg

Comments are closed.

Post Navigation