ネジ9本を取り外し、前に引っ張る形で、中身をケースから取り出す。中は案外綺麗で、クリーニング必要性はない。

注意深く観察したところ、改造はとくに認められていない。パーツは電解コンデンサを含めオリジナルのままだ。

130601.jpg

バッテリーホルダーは未使用のようだ。腐食無し。

130601-1.jpg

IF・AFユニット

130601-2.jpg

6kHz セラミックフィルタ。帯域の狭いクリスタルフィルターが欲しいところ。 フィルタは Murata CFM455H と同等品。6 KHz B/W at -6dB、-50dB at 16KHz、ripple 3dB、insertion loss 7dB、Zi/Zo 1.5kΩ。

130601-3.jpg

RFユニット

130601-4.jpg

複雑にみえたチューニング機構は案外簡単。エアバリコンを回しているだけ。同時にギアを介して黒ドラムを回している。

130601-5.jpg 130601-6.jpg

Fineチューニングも簡単な機構となっている。

130601-7.jpg

残念なのが、プラのカップリング・ジョイントにひび割れは入ったことだ。取り替えたい。色違いの アサ電子工業 UJ6-6 が使えるとか。輸出機は金属製なのに。

130601-8.jpg

最後はシャーシの裏。

130601-9.jpg

Comments are closed.

Post Navigation