LANケーブルを店頭で物色してみたら、屋外用というのを見かけた。カテゴリ5なのに、1m単価が約400円。カテゴリ6e対応の単価200円に比べて割り高だし、HF転用に問題ないか、一旦家に戻って調べることにした。

ところで、いろいろ実験している内に、プリアンプを外してもそれほど性能が落ちないことに気づいた。303WA-2とそこそこ勝負できる。そこで、バランを作り、最も良さそうな方向に向かせた。西北方角だからか、韓国語による交信が40mバンドでよく聴こえるようになった。

130527.jpg以下は日本時間20:00頃のHFspan画面。フロアノイズは低いレベルだが、ゲインはもう少し(後10dB)欲しいところ。将来プリアンプをつけたとしても、パッシブタイプの良さも残しておきたい。

130526-2.png

Comments are closed.

Post Navigation