ホームセンターで、厚み3mmのアルミフラットバーを見かけた。幅が15~40mmと数種類もあるが、長さが2mまで。1本千円以下と手軽なので、トライしたくて2本を購入した。

手持ちの水道用塩化ビニール管(直径25mm)を短く切り、塩ビ管とアルミバーにそれぞれ固定用穴を開け、1時間の作業で完成した。上のほうでアルミバーを繋ぐようにしないといけないが、現状ではボルトによる2段重ね固定。腐食による接触不良が心配。下の両端もアルミとの接触性に心配している。このままでは雨や雪に弱いと思う。

塩化ビニール管を使った理由は、アンテナ台との絶縁性、アンテナ台とのクロス固定、加工のしやすさ、丈夫さ(前作は直径13mmだったが、2年間耐えていた)等を考えた結果だ。木板だと塗装しないと腐る。金属パイプは絶縁を確保できない。アクリル板は強度が心配。

これからの作業予定(本業が忙しくて、週末になるかな)。
①同軸ケーブルをLANケーブルに取り替える。アンテナ信号以外に、同軸ケーブルがプリアンプへの給電用電源線としても使っている。両者間の影響が心配。LANケーブルなら芯線が8本線もあるので、使い分けができる。
②アンテナ303WA-2も生かせたい。リレーを活用し、給電OFFでは300WA-2、給電ONではループアンテナという分け方にする。
③40m、20m、17m、15mバンド専用のプリアンプをそれぞれつける。切り替えにもリレーを活用。
④プリアンプ回路の調整・改造。

130519.jpg130519-1.jpg130519-2.jpg130519-3.jpg

Perseus付属ユティリティ HFSpanによる様子。日本時間19:30頃。

130519-4.pngFMアンテナは暫く下ろして休ませる。

Comments are closed.

Post Navigation