ケースを分解して中身を確認したので、今度は動作確認を行う。

システムはバージョン3.3。うるさいので、ブザーをオフ
最高周波数は60MHzだが、FM放送までは行っていない

通電したら、問題なく動いた。最高周波数は60MHz、分解能は1μHz。内蔵基準周波数が数十Hzずれている。正弦波の最大振幅は5V(マニュアルでは、周波数によっては最大振幅が違うとの記述あり)、BNC接続のインピーダンス50Ωでは、約半分の2.5Vになる。最大オフセットは20MHz以上では±2.5V、20MHz以下では±10V。

周波数60MHzの正弦波。最大振幅は2.7Vとの表示
オフセットを最大の2.5Vにシフトすると、正弦波のひずみが肉眼でもわかる
周波数10MHzの方形波。まだなんとか使えそう
しかし、周波数20MHzの方形波はだいぶなまってしまう

上記の波形でわかるように、オフセットをかけたり、方形波で使うと、最高実用周波数はだいふ制限される。

つぎにAM変調の波形をみてみる。10MHzの正弦波に1kHzの正弦波をAM変調する。

10MHz正弦波のCH1に、1KHz正弦波のCH2でAM変調
AM変調らしい波形

細かい確認はまだまだこれから使いながらすることになるが、動作確認はこれで一応終了。動作に問題がないようだ。

つぎに、PCからの制御ができるかどうか、自分にとって最も大事な動作確認をしたい。

商品についてきたミニCDが読み込み途中でエラーが発生したので、代わりに公式サイトから資料やソフトをダウンロードしてきた。ダウンロードできたのは CmsEasy_file_169.rar (サイズ 24.3MB)という圧縮ファイル。アンチウィルスソフトでスキャンし、問題なければ解凍する。

解凍したフォルダにあったUSBドライバ CH-340 Driver.rarをさらに解凍し、中国語入りのフォルダ名を英語のみに修正し、OSバージョンに合わせ(自分はWindows 10 64bit)、CH-340 Driver 32 bits.exe か、CH340_341for X64.EXE を実行する。

うまくドライバのインストールができたら、つぎはPCソフト FY6600 PC Software V5.5.rar の解凍、インストールということになる。

自分の環境では、「Component ‘richtx32.ocx’ or one of its dependencies not correctly registerred: a file is missing or invalid」というエラーメッセージがインストール途中で表示されてしまった。

ネットにある情報に従い、richtx32.ocxを勇気をもってダウンロードし、richtx32.ocxというファイルを C:\Windows\SysWOW64にコピーする。さらに、管理者としてコマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを実行する。
regsvr32 C:\Windows\SysWOW64\richtx32.ocx

(2018.12.4訂正)
Vector社から VB 6.0J(SP6)ランタイムファイル群と10個のActiveX をダウンロードしてインストールすれば、上記の細かい操作をせず多くのVisual Basic実行用ファイルがインストールされるようだ。

やっと、これでインストールがうまくいったようだ。PCソフトのバージョンは5.5のようだが、最新版は6.0と説明されている。しかし、Updateはうまくいかない。

PCソフトの画面

パラメータの設定は一画面でできるので、フロント操作よりは断然使いやすくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation