SDR Perseus はPCの制御をうけて動くわけだが、その制御ソフトは開発元の PERSEUS CONTROL SOFTWARE V4.0c 以外に、購入時に付いてきた有償 Studio 1 (使用時に USBメモリキーが必要なので、大変不便)、フリー Winrad と HDSDR がある。なお、制御インターフェイス(VAT Interface)が公開されているので、スキルのあるひとは自作できるかもしれない。

さて、フリーということで、WinradとHDSDRを使ってみた。どちらも数時間しかいじってないが、自分の好みとしてHDSDRがいいと思った。

①音声がよい。②Local OSC のAとBはクリックだけで切り替えできる。③NotchフィルタはAF Spectrum 窓をクリックするだけで、10個まで追加できる。④フィルタの幅はドラッグで無段階に調整できる。⑤CWのピッチが自動的に調整してくれる(CW AFC)。⑥AMを勝手に同期検波する機能 ECSS。等々がその理由。Waterfallは慣れてないので消したいが、時間的変化がひと目でわかり、慣れれば便利とも思った。

インストールは簡単。こちらからダウンロードすればよい。ほかには、ExtIO DLL というのも必要。解凍したら、すべてのファイルをHDSDRのインストールフォルダに入れればOK。

130504-4.png

Comments are closed.

Post Navigation