アンテナについてまだいろいろとチャレンジしているが、Perseus対応のアプリが世界中にあるので、面白いものを探して使ってみたい。PCと連動しているから、無限の可能性がありそう。

最初に紹介したいアプリは開発元のMicrotelecoms社がお薦めの CW Skimmer 1.8。ダウンロード先はこちら。$75.00の有料ソフトだが、30日間の試用期間あり。

130504.png

ダウンロードして解凍。そしてsetup.exeを実行してインストール。終わったら、インストールしたフォルダ(自分のPCでは C:\Program Files (x86)\Afreet\CwSkimmer)に、Perseusフォルダから、以下のもの4つ

Perseususb.dll
Perseus48k24v31.sbs
Perseus96k24v31.sbs
Perseus192k24v31.sbs

をコピーして入れる。(証拠写真

つぎに、CW Skimmer を立ち上げ、メニュー「View」から「Settings」を選び、「Hardware Type」として Perseus を選ぶ。Sampling Rateは 96kHz でいいような気がする、バンド幅がその分広がるから。

そして、Perseusコントロールソフトと併用してはいけないようで、ソフトPerseusを終了し、CW Skimmerのメニューバーより下の行にある「Start/Stop Radio」ボタンをクリックする。

周波数を変える必要があれば、メニュー「Commands」から「Tune at…」を選んで、キーボードから直接入力するといいだろう。

また、メニュー「View」から「Band Scope」をOnさせると、「Band Scope」ウィンドウが開き、電波の様子がわかる。

コールサインがつぎつぎとCW信号から抽出される。書いている間(土曜の午前9時半頃)、すでに36個のコールサインが確認された。コンテストで上位を狙うならこういうソフトを活用しないといけないかも。

このアプリの最大の難点はPerseusを独占してしまうことにあろう。Perseusを複数台所有するひとならいいかもしれないが。

他人のPerseusサーバをネット経由で借りることができれば、もっと凄いことになろう。CW Skimmer いまのバージョンはまだそこまで機能していないが、近い将来当たり前になるかも。そうすると、コンテストの公正さを確保する問題が浮かんでくる。

Comments are closed.

Post Navigation