AliExpressでの購入商品第3弾が到着。送料込5ドル以下で販売されているのをみて、どういう精度のものかを確かめたくなったので。

AD584L を搭載した本基板では、外部DC電源 12~30Vを与えると、精密電圧 2.5V、5V、7.5V、10Vは出力として得られる。出力電圧は精度が高いので、基準電圧や電圧リファレンスと呼ばれる。

AD584L搭載の精密電圧リファレンス
基板の裏側
基板の回路図

精度は製造メーカーであるアナログ・デバイセズ社が公表したデータシートによると次のようになっている。

データシートの一部(クリックすると拡大される)

手持ちのデジタルマルチメータ(以下DMM)のDC電圧の精度を実際に確認した。室温は約20℃。基板に15Vの外部DC電圧を与え、約1時間予熱しておいた。

参考となる基準DMMはFluke 8864A と Agilent U3402Aの2台。新品購入したものの、購入後一度も校正していない。それでもほかに信頼できるものはなく、これらのブランドを信用して基準にすることにした。

出力10Vに対する評価

測定値は一番下の表に書かれているが、Fluke 8846Aの測定値を基準とすると、AD584Lの出力電圧の誤差はそれぞれ、2.5Vでは-0.026%、5Vでは-0.012%、7.5Vでは-0.040%、10Vでは-0.038%となっている。最大誤差が0.040%ということで、電圧リファレンスとしては合格レベルといっていいだろう。

さて、手持ちのハンディタイプDMM5台についてその精度を評価してみよう。購入時期の順で左からSanwa PC500a、Fluke 87V、Owon B35、Sanwa PC20、Peak Meter PM8236。いずれも新品購入したものだが、校正はしていない。なお、右の3台は今年9月以降、PCで測定データを得るための購入だった。

ハンディタイプDMMの精度確認
2.5Vに対する各DMMの表示

精密電圧に対する各DMMの表示値は下表のとおり。繰り返しになるが、Fluke 8846Aを基準にしてもAgilentを基準にしても、精密電圧 2.5V、5V、7.5V、10Vは精度がいずれもスペック内に収まっている。

各DMMの表示値

結果的に、ハンディタイプDMMは精度の高い順として Fluke 87V > Sanwa PC500a > PM8236 > Owon B35 >> Sanwa PC20。なお自分の購入価格は安い順で PM8236 < Owon B35 < Sanwa PC20 < Sanwa PC500a << Fluke 87V。

ここでのテスト結果でも、パフォーマンスでは Peak Meter PM8236をおすすめ。最も駄目なのはSanwa PC20。しかもそれは日本製だそうだ。日本製だから安心だという神話を信じるよりも、ケースバイケースで自分で確かめることが賢い消費者かな。

Sanwa PC20は一応日本製

ただ、Sanwa PC20 はDC電圧の確度は±(0.5%+2)、精度が悪くても出荷スペックを満たしている。対して、PM8236の確度スペックは±(0.7%+2)、もっと悪い。PM8236はスペックや値段のわりに、頑張りすぎかも。

<AD584に関する資料>
データシート(PDF、英語) ここ(あるいは、本サイト
アプリケーション・ノート(PDF、日本語) ここ(あるいは、本サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation